低空飛行net

名古屋駅西で活動するひきこもり・メンタル系自助グループ
低空飛行netのブログです

低空歩行

水族館の刻

IMG_5137
急に暑くなりました。今週中が期限となっている用件を順番に片付けていかなければ。
とりあえず、先週事業所の引率で行った 名古屋港水族館 の写真と動画をまとめておきます。


IMG_5131IMG_5133
午前中は通常通り作業があり、昼食後に 彩樹 のある高畑からバスに乗って出かけました。

港区役所のバス停で降りると、見覚えのあるアピタが。
ひきこもりから出てきたばかりの頃、初めて参加したグループで何度か来た場所でした。
水族館にも、そこのイベントで初めて行ったのを思い出します。もう8年も前の事か。

バス停から地下鉄の駅まで少し距離があったので、てくてくと港図書館まで歩いて地下鉄に。


IMG_5134IMG_5135
この日は最高気温29度、 去年行った時 と違い、雲一つない晴天でした。
駅を出て徐々に強くなっていく潮の匂いに、海に来たという実感が増してきます。


IMG_5138IMG_5142
薄暗いブルーの館内は涼しく、水面模様が壁に反射して良い雰囲気です。
イルカとクジラの違いは大きさだけだとか、鷲と鷹の違いもそうだとか話しつつ歩きます。

「他とちょっと色の違うイルカがいますねー」
「あれは カマイルカ ですね、背びれの形が鎌のようになっていて……」
(なんで何も見ずにそんなポケモン図鑑みたいな解説がすらすら出てくるの)



ベルーガの動画も撮りました。
濡れた大根みたいな質感です。


IMG_5146IMG_5147
南館に移動すると、くらげの刻という特別展をやっていました。
くらげは空間的ではなく時間的に鑑賞するものと考えると、刻という語の選択はしっくりきます。
適当な事を書きました。


IMG_5150IMG_5152
水槽の中をふんわり泳いでいる姿をぼんやり眺めている、
そんな日常から切り離された時間に何とも癒されます。来世はくらげになるわ。



動いている姿も残しておこうと思い動画も。
この特別展は9月までやっているようなので、くらげセラピーに行ってみてはどうでしょうか。


IMG_5155IMG_5158IMG_5161
日本の海エリアで トビハゼ やクエ、シロギス、ウツボ、タコなどを、
深海ギャラリーではタカアシガニやダイオウグソクムシなどを順番に見ていきました。


IMG_5163IMG_5165
イルカショーの時間になったので、スタジアムまで引き返して鳩と一緒に観覧。

イルカはイルカで社会性高そうだし、芸を覚えたり、立場やしがらみもあるのだろうな。
いじめもあるらしいし。くらげでいいわ。


IMG_5168IMG_5169IMG_5171
イルカショーの後は、カメやペンギンが見たいとのリクエストに応えて再び南館に。
エイとサメの違いは、えらが下面にあるか側面にあるかで分類されているとか話しつつ歩きます。

珍妙な チンアナゴ や、日本では名古屋港水族館でしか見られないオオシャコガイも見る。


IMG_5176IMG_5181IMG_5183
ウミガメのエリアに来ました。横から見たり、上から見たり、小さいのを見たり。

君たちそんなに水棲生物が好きだったの……と驚くぐらい、みんな生態に詳しかったり、
子供時代の思い入れがあったりするようです。たまにはこういう企画も良いですね。


IMG_5186IMG_5187
水族館なのに、なぜか哺乳類のフクロモモンガがいました。

しかしそれを言ったらイルカやシャチも哺乳類だし、ペンギンは鳥類です。
飼育員も哺乳類だし、見ている我々も。フクロモモンガを許そう。


IMG_5188IMG_5189IMG_5191
最後はミュージアムショップでお土産を。
ふんだんに銭があったら、チンアナゴのマグネットを冷蔵庫の扉にびっしり生やしてみたい。


IMG_5192IMG_5193
時間が余ったらポートビルに行こうと思っていましたが、結局閉館まで水族館を満喫しました。
現地解散の予定ではあるものの帰り道はみんな途中まで同じなので、一緒に地下鉄に。
最後の1人を無事に最寄駅まで見送って、事業所に報告。長い一日だった。


ひきこもりから出てきた8年前はできない事ばかりで、人の後ろをついていくだけで必死でした。
あれから少しずつ行動範囲が広がり、活動時間もやや増えて、一か八かで低空飛行netを始めて、
その縁でこの仕事にも就けて、今ではかつて来た場所に引率で来ている。

相変わらずできない事ばかりですが、何とか社会の端くれに身を置けています。
今はまだ先の事を考えられない状況にある人も、何か取っ掛かりさえあれば少しずつ変化も
あると思いますので、人の後ろをついていくという所からでも始められると良いかもしれません。

できない事ばかりでも何とかやっている姿を見せる事は、ある意味、希望を与える事ではないか。
社会性でイルカに勝てる気はしませんが、求められた役割を少しでもこなせたらと思います。


悪天に活を求める

IMG_4972
明後日15日(月)は15時から低空飛行net月例会です。
今月はおそらく晴れそうですので、当日時間のある方は覗いてみてください。


IMG_4973
もう1週間経ってしまいましたが、先週6日に東山動物園などを街歩きしたのでその報告を。

大曽根駅で待ち合わせて、まず1人と合流しました。
動物園に行くのに大曽根で待ち合わせたのは、こちらの連絡先は渡したものの、
一度連絡してもらわないと連絡先がわからない人がいて、おそらくブログも見ていないので
待ち合わせ場所を変更できなかったからでしたが、結局しばらく待っても会えず。

仕方なく東山公園駅に移動して、そちらで待ち合わせた人たちと動物園に。


IMG_4977IMG_4979
雨が降る前にシャバーニを見に行こうという事で、最初にゴリラ舎に。
こんな天気でもGWだけあって親子連れが多く、皆写真を撮っていました。
貫禄のありそうなのが多分シャバーニで、その上で麻袋を投げていたのが息子でしょうか。

5年ぶりくらいに来た動物園は色々とリニューアルしていました。
売店で少し動物園グッズを見てアメリカゾーンに向かいます。


IMG_4978IMG_4980IMG_4983
絶滅に瀕した鳥やバイソン、カピバラ、オオカミなどを見ながら
熊と違ってオオカミは群れなので、襲われたら逃げられる気がしないというような話を。


この辺りで大曽根駅で会えなかった人からやっと連絡が。
駅の乗り場の方で待っていたものの、誰にも会えないので1人で竜泉寺に行ってしまったそうで、
そこから来てもらうのは酷なので、動物園の後に行く予定の フラリエ で落ち合う事に。


IMG_4984IMG_4986
地味そうな世界のメダカ館はスルーしつつ、スカイタワーに。

展望室は地上100mにありますが、階数にすると5階です。
天気のせいか、遠くの方は霞んでよく見えませんでした。


来週は事業所で水族館に行くイベントを引率する予定ですが、個々の特性から
予測可能な事には、できる限り細やかな対応ができるよう備えておかなければと思いつつ。


IMG_4987IMG_4988IMG_4989
タワーを出て、動物園に戻るルートが一瞬わからなくなりましたが、
トイレかと思っていた建物が昇りエスカレーターのある昇降路になっていて、
その横の木陰に隠し通路のように下り階段がありました。

長い階段を下りると、サイやコビトカバのいるゾーンに。


IMG_4991IMG_4992IMG_4993
そのままネコ科動物舎にも。
頭上を見上げると、檻が張り出した狭い部分にユキヒョウが挟まっていました。

晴れ間は見えないものの雨が降る気配もない、微妙に安定した天気。
久しぶりに会えた人と積もる話もあったので、ベンチに座ってしばらく休憩しました。


IMG_4994IMG_4995
逃げ放題に見える鳥のエリア。

ペンギン舎は鳥インフルエンザ対策なのか、緑のネットに覆われて窮屈そうでした。
他の檻でもガラスでも窮屈には違いないはずですが、窮屈に見せないような工夫もあるのかなと。


IMG_4998IMG_4999
「コアラもおるでよ」と歌われたコアラ舎にも行きました。
基本的に木の上で寝ている印象ですが、珍しく地上を歩いている所を見られて満足。
動画に撮っておけば良かったと、毎回ブログを書く段になって録画できる事を思い出します。


IMG_5002IMG_5010IMG_5005
何か食べたいと思いつつも、ポテト700円と書かれているのを見て諦めました。

園内には以前はなかった真新しい建物が増えていました。
開園の翌年(79年前か)に作られたという恐竜像も新しく増えていたり、
耐震性に不安のある古いものは補修・補強をされたようです。


IMG_5006IMG_5009
園内の木に鳥小屋のようなものがあるのを発見。
さっきの放し飼い状態の鳥類が休めるよう設置されているのだろうか?

一宮市のゆるキャラ、 いちみん も出張してきていました。
握手した子供たちに「こいつ(中身が)人間だ!」とパンチされながらも笑顔は絶やさない。

帰りのゲート横で子供たちに声をかけるスタッフのサービス精神も行き届いていて、
悪天でも良い思い出を作って帰ってもらいたいという努力があるのだろうと考えさせられました。


動物園を出た所で1人抜けて、残りのメンバーは地下鉄で次の目的地に。


IMG_5012IMG_5013IMG_5015
矢場町に到着後、ようやくすれ違いだったメンバーと合流して
フラリエで開かれている プレミアムモルツフェスティバル に。

並行して某ユニットの特典会?もやっていたようで、女性ばかりの長蛇の列が。
知らない女性から「友人が来られなくなったので」とビール100円引きの券をいただきました。


IMG_5014IMG_5020
なぜか和装の白熊がビールを飲んでいたり。

遠くから来ていた人を駅まで送っていくのと入れ違いで、もう1人メンバーが合流。
新しいプレモル3種類を飲み比べます。


IMG_5024IMG_5023
ここまで持ちこたえてくれていた天気がついに崩れて、雨が降ってきたので屋内に。
あれだけ多くいた行列の人たちも、いつの間にかおらず静かな庭園に。

晴れると期待していて曇りだと落胆してしまいますが、
雨を覚悟していて曇りだと運が良かった、助かったと思えます。
「あるべき形から外れてしまった」と悔やみながら生きる事はあまり楽しくないので、
後者のような視点で自分なりに考え方を工夫できると、違って見えてくるのかもしれません。


IMG_5027
一旦解散する事にして、残った3人で店を求めて移動しました。

朝食以降、何も食べないまま13000歩ほど歩いて食事せずに帰れない気分だったので、
 南区街歩き の時に印象的だった「とんかつをやめたとんかつ屋」を紹介しようと新瑞橋に。


IMG_5026IMG_5029
しかし、まさかのGW期間1週間の休業中。飲食店としてどうなのか。

同行者に馴染みの店を教えてもらい、そこで焼き餃子定食を注文。
ラーメン、餃子、白米と、炭水化物の波状攻撃が五臓六腑に染み渡ります。


本当にうんざりする事も多いですが、そんな中からも道を見つけて、楽しみを見つけて、
やっていかなければいけない。大変です。


それは誰にでもある

IMG_4860
4月も残り1週間弱となりました。
来週末にまた街歩く予定なので告知しておきます。


内容:GW街歩き

日時5月6日(土) 13:00 - 多分閉園の17時くらいまで

場所大曽根駅 から 東山動物園 に行きます

参加費:基本的に入場料のかからない所に行きますが、お茶代くらいあるといいかも

その他:途中参加、離脱も可

連絡先lowflightnet@gmail.com


4月の定例会では 龍泉寺東山動物園 に行きたいという意見がありました。
大曽根から行けそうな所ならどこでもいいので、参加した人の希望で柔軟に決めたいと思います。



IMG_4864
市長選挙という合法的に小学校に入れるイベントがありました。
選ばれた河村さんには引き続き頑張っていただきたい。


並んだ下駄箱、すのこ、ひび割れた運動場の水飲み場、錆びたゴールポスト……。
昔はまじまじと見る事もありませんでしたが、どれも記憶よりも低く、小さく感じられます。
自分がでかくなっただけか。

体育館横で ジグモ の巣を観察したり、 ヒメリンゴ の木でコガネ虫を捕った記憶も甦ってきて、
子供の頃は何で虫なんて捕まえていたのか不思議だと改めて思ったり。

「全て 白いキャンパスの中で 日々をおくることが ゆるされてた」
校内を歩きながら、頭の中でChild's days memoryが流れていました。





「もう二度とは帰れない」という歌詞に胸が締めつけられますが、
呆けた父親を見ると、人生の終わりには再び子供に戻る時が訪れるような気もします。
(最近は子供を通り越して獣になってしまいましたが)

思い出を作っていきたい。


南区の闇を見よとや啼千鳥

IMG_4612
13日に 笠寺観音 や笠寺公園など、南区を街歩いてきました。
またちょっと長めですが、感想を書いておきます。


IMG_4601IMG_4596IMG_4599
この日は昼過ぎに新瑞橋駅で待ち合わせて、バスで行く事になっていました。
地下からバスターミナルに出ると「かつ丼やめました。」と書かれたとんかつ店が。

早めに着いたので脇を流れる山崎川を見ていると、カルガモ?や大きな鯉がいました。
予報では降水確率30%だったので降らないと思っていたのに、ぱらぱらと小雨が。

当日飛び入りの人が遅れて来るというので、少し待ってからバスで笠寺西門に向かいます。


IMG_4603IMG_4606
笠寺観音周辺の道路は狭いのにやけに交通量が多い。
門をくぐると、平日の昼過ぎだからか参拝客はあまりいませんでした。

別ルートで来た人と合流する頃には、傘なしでは歩けない感じになってきたので本堂に。


IMG_4609IMG_4610IMG_4618
雨宿りも兼ねて屋根のある所を舐めるように観て回ります。
御守りを買ったり、 なごや七福神めぐり なんてあったのかと知ったり。
(大黒天の寺は事業所のすぐ近くにありました)

おもかる地蔵を持ち上げたり、玉照姫と藤原兼平のエピソードを読んだりしている間に
いつの間にか雨も止んだようでした。


IMG_4611IMG_4614
雨宿り中に気になっていた、松尾芭蕉と宮本武蔵の碑まで近づいてみました。
芭蕉の碑の側面には、笈の小文で読まれた句、
星崎の闇を見よとや啼千鳥
が彫られていました。
芭蕉が鳴海宿に滞在した際、月の出ていない闇夜を残念がる屋敷の主人に
闇を見よと言うように千鳥が啼いていると返した句らしいです。


宮本武蔵の碑は武蔵の百年忌に、孫弟子の孫弟子の弟(他人では)が建てたものらしい。

あと、冠峯先生景仰之碑という大きな石碑がありましたが、解説もなく何の碑なのかわからず。
調べてみると 小菅剣之助 という人の功績を称えたものだそう。なるほどわからん。


IMG_4617IMG_4619
境内には西門から入ったので、本堂正面にあった山門は出る時に見ました。
門前の池にかかる橋と合わせてなかなか良いです。


IMG_4620IMG_4622IMG_4625
隣接する泉増院という寺にも寄っていきました。
笠寺観音(笠覆寺)近隣にはいくつか同系の寺がありますが、そういうのは 塔頭 というらしい。

生まれ歳守り本尊という、干支に対応した仏像や、本堂には玉照姫の像もあるようです。
どうして徳川家の三つ葉葵の紋があるのかは不明。


IMG_4628IMG_4630IMG_4631
少し戻って、冠峯先生景仰之碑の裏手にある坂道を東に進むと笠寺公園に。
ちょうど青軸という品種の梅が見ごろのようでした。


IMG_4633IMG_4634IMG_4636
戦時中の高射砲の砲台跡や、ある世代以上には懐かしい きんさんぎんさん の桜もあります。

見晴台遺跡 のあった地なので考古資料館を見ていこうと思っていましたが、
こういった公共施設の多くが月曜休館であるのをすっかり忘れていて見られず。


IMG_4637IMG_4638
仕方がないので公園を出て北にある、桜田貝塚跡に移動しました。
八幡社の敷地内に碑と、魚形土器が出土したなど書かれた解説がありました。

八幡社には他にも「神影流・櫻棒の手発祥の地」という謎の石碑もあり、
同行者からは「新陰流のパクリっぽい」など散々に言われていましたが、
これも 調べてみると何かすごそうな由来が


IMG_4639IMG_4640
遺跡のある街だからか、とにかく坂が多い。
北の方に歩いていくと村上社がありました。


IMG_4641IMG_4642IMG_4647
樹齢1000年といわれるクスノキが祀られています。
所々苔むしていたり、朽ちかけていたり、御神木らしいオーラがあります。

行く前は神社の一角に巨木があるのかと思っていましたが、
実際はクスノキの前に鳥居と祠が置いてあるだけで他に何もないシンプルな場所でした。


IMG_4650
次の鶴里駅を街歩きのゴールと考えていたのですが、考古資料館など見られなかったり、
他もあっさりめな場所が多かったからか、まだ17時前で解散には早い。
とりあえず鶴里駅の先まで街歩きを続けてみようという話になりました。

「多数の人が金銭的に迷惑しています!」と張り紙された夜逃げしたっぽい店や、
ゴミ屋敷のような家を横目に北上。


IMG_4651IMG_4653IMG_4654
とりあえず近くにあった神社、 鳥栖八剱社 に着きました。

古墳無いなーと言いながら歩いていましたが、この神社自体が古墳の上にあったようです。
言われてみれば完全に古墳っぽい不自然な街中の丘だった……。

ジェット・リー 好きで人と話が合わないとか、今まで観た映画の話題に夢中で
古墳だと気付かないまま通り過ぎていました。(石碑も何て書いてあるか読めなかったし)
今回は鶴里駅までだと思っていたので、下調べなどもしていなかったのが悔やまれます。


IMG_4655IMG_4656
神社の反対側の坂から降りたら方向感覚が狂い、西ではなく北に進んでしまったので
そのまま「もう近くに神社仏閣があったら寄ればいいや」と適当に歩いていきます。

完全に住宅街、文字通りの街歩きです。
少し前までは一人で特に目的地も決めず、2~3駅分くらい散歩する事がよくありました。
自分の事だけを考えていればよかった頃が懐かしい。戻りたい訳ではないし、戻れないけど。


IMG_4657IMG_4658
スマホで地図を見て「醫王寺(何か読めない寺)がある」と行ってみました。
ここには新屋敷西城という城があったようです。境内にあった鬼瓦しか覚えていません。


IMG_4659IMG_4660
行き先も決めていないので、何となく新瑞橋駅に向かって歩いていきます。

「本」「酒」と看板のある本屋なのか酒屋なのかわからない店を見つけて
「本と酒が一緒に売られているのかな?」と入ってみると、本当に一緒に売られていました。
それだけでなく靴下やスリッパも売っています。よく考えたら品揃えの貧弱なコンビニか。


IMG_4661IMG_4663
新瑞橋に着く頃には日が暮れかけていました。

知り合いが増えてくると、紆余曲折を経て自分の生活を取り戻しつつある人もいれば、
一度取り戻したものをまた手放さなければいけなくなる人もいて、色々と考えさせられます。

日はずっと昇り続ける訳もなく、昇ったり沈んだりが何度もある。
病気であるかどうかに関係なく、誰もそのうち午後の衰えゆく時間と向き合う時が来ますが、
午後には午後の、夕方には夕方の、夜には夜の愉しみもあるのだと思えば慰めになります。


IMG_4664IMG_4665
新瑞橋駅まで戻ってきたのは、昼に気になった例のとんかつ屋に入ってみたかったからでした。

居酒屋メニューと定食メニューが同居する変な店で、もう夜だしアルコールもいいだろうと
タンシチュー定食と生中を注文。軟骨から揚げとハイボールも追加して1350円。
他の人はどて定食や豚ポン定食などを頼んでいましたが、どれも580~680円くらいで良心的。


IMG_4666IMG_4595
壁の張り紙を見ると、とんかつもやめたようで……もう改名しろよ。
とんかつ屋では突出した売りもなく埋もれてしまう店だったのかもしれませんが、
定食も出る安居酒屋だと考えるとコストパフォーマンスの良い店に思えてくるという。

今度行きたい所の話題になり、回転寿司という意見がありました。
どこにでもあるのでわざわざ目指さなくても……という気もしますが、
確かにひきこもり状態から出てきて、一人で入るにはハードルが高いかもしれない。

行った際にはテーブル横の蛇口で手を洗うのがマナーだと教えてあげたい。


IMG_4607
初めて南区を歩いてみた印象は、遺跡や坂道、変な店が多いというものでした。
やはり実際に行ってみて、間近に見たり触れたりしてみてわかる事は多い。

逆に、その目で見て、その上を歩きながらも、知識がないために価値に気付かないまま
通り過ぎてしまうという事もあるのだなあと。
そういう事は多分たくさんあるし、今までもあったのだろうと思います。
もし雨宿りをしていなかったら、おもかる地蔵は一瞥するだけで通り過ぎていたかもしれない。

何もないと思って見れば何も見えず、闇を見るのだと発想を変えれば
そこにしかない味わいや愉しみも見つけられるのだという事でしょうか。


寄り道して帰る日

IMG_4500
まだ寒い日もあるものの、少しずつ春らしくなってきた3月。
去年の花粉症の薬がまだ残っていないか探しておかなければ。


今回はまた日記を。
先月の低空飛行net定例会で紅茶がなくなっていたのもあり、昨日は 彩樹 が終わった後、
ついでに買い物をしていこうと寄り道して帰る事に。


IMG_4481
中村公園付近で買い物を終えて外に出ると、3月になり日も長くなったのでまだ全然明るい。
せっかくここまで来たのだし、寄り道の寄り道をしようと思い立ち、バスに乗り鳥居西通を西に。

稲葉地町で降りると、すぐ横に良さげな米・酒屋があるが、ちょうど水曜定休で閉まっていた。


IMG_4482IMG_4484
庄内川の堤防に向かい少し歩くと 凌雲寺 に到着。
織田信長の伯父さんが創建したそうで、門前の雰囲気が大変かっこ良い。

無人のように静まり返った境内に足を踏み入れると、よく手入れされた庭園が広がっている。
実際、自分以外には寺の人も誰もいないっぽい。


IMG_4487IMG_4488
庭園には池もあり、そこまで広くはないながらも良い景観。
中村区の西端で、そんなに人が訪れる場所でもないだろうに
手抜きのない整然さに感心する。

幼少時にここで習字をした信長が、草紙を枝に掛けたという松を探してみるものの
それらしいのが見つからないので、一番大きい松を撮っておいた。(たぶん違う)


IMG_4490IMG_4492
寺を出て、すぐ近くにある城屋敷神明社に。
ここには凌雲寺を創建した、信長の伯父さんが住んでいた稲葉地城があったらしい。
昨年、行けそうな城址を探していた時に目星を付けていて、今回やっと来る事ができた。

境内の奥まった所に石碑があったので、これが稲葉地城址かと写真を撮る。
撮ってからよく見てみると、城とは全く関係ない碑だったので「誰やお前……」となった。


IMG_4494IMG_4493
もう一度念入りに探してみると、鳥居の脇に小さいのがあった。(最初の写真にも写っていた)
こんなにこぢんまりとしてしまって、信長の伯父さんも草葉の陰で泣いているだろう。

境内には大きなクロマツがあった。
神社や寺院の境内は何百年も同じような状態が保たれるので、古い木、巨木も残りやすい。


IMG_4496
神明社を出て、細い道を東に歩く。
歴史のありそうな平屋が並んでいたが、普通に人が住んでいるっぽい。

特に寄り道のゴールは決めていないが、知らない道を自分の思うままに、
どこまででも好きなだけてくてく歩いて行ける男だぜという気分になってくる。


IMG_4497IMG_4498
しばらく行くと 廣讃寺 があったので入ってみる。
特に見るものもなさそうだが、境内に農園のような場所があった。

寺を出て、稲葉地本通を渡って南に進む。


IMG_4499
稲葉地公園に着いた。中央の神殿じみた建築物は80年前に配水塔として作られたもので、
平成になる頃まで中村図書館として利用され、現在は アクテノン という演劇練習用施設に。


この辺は過去に何度も来た事があるので目新しさはない。
小学生くらいの子供たちが遊んでいる公園を足早に通り過ぎて、近くの店に入る。

紅茶とシードル、ついでにトニックウォーターも買おうとしたら、レジの店員が
「半額のがありますよ」と消費期限が近い、ワゴンに入っていた同じ商品と替えてくれた。
店は廃棄せずに済み、こちらも半額で同じ商品を手に入れられる。地球にも優しい。
店員に幸あれ、店員の家族にも幸あれ、地球にも幸あれという気持ちで店を出た。


IMG_4501
外はすっかり暗くなっていた。 大一美術館 というガラス工芸美術館の横を通る。
ここの シャンデリア は一度見てみたい。

廃棄といえば、彩樹ではギフトの箱詰め・梱包作業の仕事も時々ある。
先週、ギフトの缶ビールを箱詰め作業中に一人がうっかり棚から5~6缶落としてしまい
「おおっと、こいつぁもう売り物にならないんで"廃棄"ですかねぇ、へっへっ……」
「仕方ない、冷蔵庫でキンキンに冷やした後で"廃棄"しておくか」
という感じの出来事があった。(こんな口調じゃないけど)
昨日も缶ビールはまだそのまま残っていたが、廃棄の際には職員として立ち会いたい。


結構長い寄り道をしたせいか、一日が長く感じた。
活動的な人は毎日普通にこれくらいの密度で生きているのだろうか?
無為に過ごしているのが勿体ないようでもあり、でも毎日こんなのは無理という気もしつつ。

来週13日(月)もたぶん同じような感じでだらだらと 笠寺観音 周辺を街歩き予定なので、
都合のつく方は気軽にどうぞ。


最新コメント
記事検索
よかったら押してください↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ
PV
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ