低空飛行net

名古屋駅西と高畑で活動するひきこもり・メンタル系自助グループ
低空飛行netのブログです

カテゴリ: 資料

IMG_6663
今週は仕事で2箇所の 就労継続支援 A型事業所を訪問してきました。
近隣事業所の場所や特色などを知っておく事は、今後移行を考える方のためにもなると思います。


明後日16日(月)には10月の低空飛行net定例会があります。
どうも天気は微妙になりそうですが、雨の日には雨の日なりの雰囲気、話し易さというものも
あるようにも思いますので、都合がよろしければ気軽にお立ち寄りください。


23日(月)に行く街歩きの話もできればと思います。
先日ちょうど まちびらき したという、ささしまライブ駅周辺も歩いてみる予定です。
もし一緒に行ってみたい方がいましたら気軽に聞いてください。


s-2009-07-08 15-04-01_0007s-2009-07-08 18-24-08_0016
2009年に初めてささしまライブ駅に行った時に撮った写真がありました。
ひきこもり状態から出てきたばかりで、 109シネマズ に一人で映画を観に行った時のものです。

都心部にぽっかり空き地が開けていて、駅の横まで重機で溝を掘っていたのが印象的でした。


IMG_5550IMG_5558
こちらは2013年に撮ったささしまライブの様子です。
低空飛行netの活動を始めて2年経った頃で、この時は二人で映画を観に行きました。

相変わらず空き地は残っていましたが、溝だった所に 愛知大学名古屋キャンパス が建ちました。


SDSC_1011
これは去年2016年。奥のビルを見ると2009年とほぼ同じ場所から撮った写真とわかります。
空き地部分に グローバルゲート が建設中で、視界も狭くなり別の街のようです。

風景も、自分の状況も変わっていきます。
ひきこもり状態から出てきた頃には、何とか一応仕事に行っている現在を想像できませんでした。



おまけ:27年前、1990年の名古屋駅とささしまの映像です。
まだタワーズも、ミッドランドスクエアも、スパイラルタワーも、あおなみ線もない頃の名古屋。

この頃できたばかりの 駅前のモニュメント「飛翔」 も、近く移設されるという話があります。
今は見慣れない風景も、いずれあるのが当たり前になり、喪失を惜しまれるようになるのだろう。


IMG_3914
22日(日)に講演会 長期高年齢化したひきこもり支援の現状と課題 を聴講してきたので報告を。
配布された資料は2月のだらだら会、低空飛行net定例会に持っていく予定です。


IMG_3916
KHJ全国ひきこもり家族会連合会 が主催だったからでしょうか、定員120人の聴講者のうち
半数以上は年配の親世代の方だったように思います。

このブログでも触れました が、内閣府のひきこもり実態調査が39歳までに限定されていた事を
問題提起として今回の長期高年齢化したひきこもりの調査が行われたようです。
さすが唯一の全国規模の家族会連合会だけあり、このような調査ができる事は強みだと思います。

内容的にはごく一部ですが、メモした事を簡単にまとめて羅列しておきます。


・80-50問題(要介護80代の親、50代の孤立者で、適切な支援を見つけられず共倒れに)
・適切な支援のない人は地域の隙間に落ちた人、その人を救う事は地域の隙間を一つ塞ぐ事になる
・家族全体が別の福祉ニーズを持っているなど、ひきこもり状態像に広がりが見られる
・相談窓口に来るひきこもり本人年齢は40代が最多、高年齢化につれ兄弟姉妹からの相談が増加
・ひきこもり支援で現在実施されているのは、電話相談、家庭訪問、同行支援が多い
・今後必要性を感じている支援としては、居場所、ピアサポート、家族会が多く挙がった
・ひきこもり年数が3年以内の人は社会復帰率が比較的高い、長期高年齢化で問題も複合的に


ひきこもり支援者:福祉、心理、医療、就労などの支援、ピアサポーターもこれにあたる
ライフプラン支援者:親の高齢化、死後を視野に、経済生活設計、社会福祉制度の活用など助言
交流支援者:頼りになる友人・知人・先輩、(専門性の必要ない)日常生活上の困り事を共に解決


詳しい資料は来月の会に持参しますので、読みたい方はその時にでも。


このブログでも何度か紹介している 「引きこもり」するオトナたち の著者である 池上正樹 さんが
たまたま2つ前の報道者席におられて、講演会終了後にお話しする事ができたのは幸運でした。
インタビューの載っている ひきこもり新聞 最新号もいただいてしまったり。

そのひきこもり新聞の方からも、講演会前にたまたま名古屋に来ていると連絡をいただいて
この講演会がある事を教える形になり、急遽参加されてPRもできたそうで感謝をされました。
そういった縁が、今後名古屋の当事者の声を伝える事に繋がればと思います。


IMG_3917
シンポジウム終了後、低空飛行netメンバーの企画したケーキ会にも途中参加。
手作りケーキとコーヒーをご馳走になりました。

この日は朝食を食べたきりだったので、冷たい小雨がぱらつく屋外で失われたカロリーを
濃厚なチョコレートケーキとブラックコーヒーが補充してくれて生き返るようでした。
自作のCD(昨年のコミケで頒布したそうです)までお土産にいただいて、至れり尽くせりです。

色々と大変な事も多いですが、自分を取り巻く様々な縁を見つめ直す事のできた一日でした。


IMG_2575
事業所の送別会がありました。
思えばまだ開設して一年も経っていないですが、色々あったような気がします。


個人的には、ここしばらく疲弊する事が続いています。
先月の会で困った問題として話した事をまた今月も話させてもらう事があるかも。
今できる手を尽くしたら、あとはそこから距離を置いて平静を保つ事に努めたい。
解決を求めすぎる事もなく、感情に足をとられる事もなく。


おまけ。
この前読んだ漫画が非常に丁寧にひきこもりの心理を描写していたので紹介しておきます。

漫画「10年引きこもってた人が外に出たようです。」1話目|石田 和人|note

低空飛行netに参加する方は、多かれ少なかれこういった経験があるのではないでしょうか。
過去につらい時間を過ごした人が、現在渦中にある人のためにその経験を活かせれば
お互いにとって報われる、助けになる事だといえるかもしれません。


IMG_1467
明日7日はだらだら会(仮)で16時から開けています。
もし余裕ありましたら、どなたでもお気軽に覗いてみてください。


昨日まで風邪で寝ていて、ちょっと準備が不足気味です。(料理は問題ないと思います)
天気予報では雨なので、遠くの方などは来られない方も多いかもしれません。
それはそれで、じっくり話せる会にできればいいなと思います。

サンサロサロンも無事にソファコーナーができたようですので、奮って座りにきてください。

ソファコーナー! : ナゴヤ駅西 サンサロ*サロン



あと最近気になった記事です。

テレ朝「TVタックル」を精神科医らが批判、暴力的手法で「ひきこもり当事者」を連れ出す映像を放送 - 弁護士ドットコム

実際にどんな放送だったのかwebにあるものをちらっと観てみたのですが、
業者(元ヤンキー)の人たちがドアをパンチで殴り破って40代男性を引っ張り出すなど
なかなかショッキングなものでした。
思う所がたくさんあるのですが、また今度の会で話題にして意見を聞いてみたいです。

ちょっと 戸塚ヨットスクール を思い出しました。(今も相変わらず健在なんですね)
斎藤環さんや池上正樹さんなど、当事者の立場を尊重した活動をしている人たちに
支持を示していく事の大切さを考えさせられます。


IMG_9562
もう6月です。日が長くなって19時半くらいまでは明るい。
4日(木)のだらだら会(仮)は15時から開けていますので、久しぶりの方もどうぞ。


今月は来週10日に低空飛行第2、2週間後の15日に低空飛行の会があります。
暑くなってきたので、冷たい飲み物が必要な方は自分用のペットボトル飲料を
持ち込むのも良いと思います。荷物のない日なら途中のコンビニで買って行きたい。

「低空飛行第2は少人数の会と書いてあったので行ったら悪いかなと思った」
という方もいましたが、遠慮は不要ですので、単に暇な人も気軽にお越しください。
ちょっと神経質に書きすぎたかな……。


先日病院で「健康診断を受けていなくて健康の不安があるのですが、
名古屋市のがん検診 などは40歳からのようなので他にないですか?」と聞いた所、
院長に 名古屋市医師会健診センター での検査を勧められました。
心配性なのでいつも病気を疑っていますが、一度受けてみようと考えています。
早期に見つかれば助かる病気もありますし、不安のある方は是非。


一つ一つはクリアできそうな事でも、いくつか予定が山積みになってくると
心配性からか不眠に陥りやすいです。大した事ではないと頭では思っているのですが。
眠れないと効率も落ちるので、不調になってもこなせる程度の予定に抑えたい。
この辺りの弱点はいつになっても改善されなくて困ります。


↑このページのトップヘ