低空飛行net

名古屋で2011年から活動する、ひきこもり・メンタル系自助グループ(当事者会)
低空飛行netのブログです

カテゴリ: 日記

RE_0020
11月になってしまいました。
明日4日(月・祝)は 喫茶マウンテン 街歩きに行ってきます。


RE_0017RE_0020
1週間前には 中川区障害者基幹相談支援センター で家族教室という講座がありました。
久しぶりの高畑でしたが、薬局のパンダが心なしか男らしくなっていたり、
はなび本店の隣にあった元祖台湾カレーの店も閉店していたりで時間の流れを感じました。


活動内容は3人の病気を持つ方のご家族に自分の体験など30分ほど話をしたのですが、
自分の話はともかくとして、質疑応答では3名とも熱心に質問してくださり手応えを感じました。
(前の週に話した時は、人数は10倍いましたが誰も質問をする人がいなかったので……)


今月の定例会でもどんな感じだったのか簡単に報告できればと思います。
また12月にピアサポート活動の予定があるので、その準備もしていきたい。


             ----------------------------------------------------------------------


10月はピアサポーターの活動が2回あったり、豊田に行ったり、映画を観たり、
祭りにも足を運んだりとなかなか忙しく過ごしました。

写真も撮って、そのうちブログの記事で使おうと思いつつ11月になってしまったので
供養の意味でまとめて貼っておきます。


RE_0011RE_0012
これは南区本星崎にある星宮社の本地祭りに行った時のものです。
有松に行く途中、たまたまバスが遅れて歩いていたら祭囃子が聴こえてきたので立ち寄りました。


RE_0020RE_0022
その後に行った有松天満社の秋祭り。
寄り道をしたせいで17時頃に着いたため、すぐに真っ暗になってしまった。


RE_0025RE_0026
祭りだからか、いつも閉まっていた本殿の門が開放されていました。
古い陶器の狛犬や、祀られている鏡が見えます。


RE_0002RE_0004
確か台風の翌日、雲一つない晴天の日には清須市にも行きました。
Googleマップにも載っていない小さい神社でも祭りをやっていた。


RE_0006RE_0008
地元の人だけでやっているような小ぢんまりとした祭りの雰囲気も良いものです。
通りすがりに写真を撮っていたら、お年寄りに「撮ってくれてありがとうね」と声をかけられたり。


RE_0009RE_0012
また給水塔コレクションが増えてしまった。
名古屋から徒歩で はるひ美術館 まで行く人はあまりいないと思う。


RE_0013RE_0015
ちょうど今年で20周年らしく、 3年前に行ったミュシャ展 のポスターも。もう3年も経つのか。

20周年記念企画展「嗅覚のための迷路」をやっていたので見ていきました。
ぶら下げられた小瓶を嗅いだり、スリッパの足跡を嗅いだり、鑑賞の難易度が高めの企画展でした。
台風直後で人が少なくてよかった。

この後は清洲城なども行ったのですが、長くなったのでこの辺で。


RE_0002
明日21日(月)は10月の定例会があります。
15時から開けていますので、久しぶりな方も気軽にご参加ください。


11月3日か4日には喫茶マウンテン街歩きをしたいので、そういった話もできればと思います。
12月の忘年会はどうしようか、今年もいつの間にかそんな事を考える時期になりました。


             ----------------------------------------------------------------------


RE_0002b
18日に中川区の中島公民館で行われた「ご近所ボランティア研修会」でひきこもりの話をしました。
当日は薬を飲んでも眠れず、新聞配達の音が聞こえてきたので追加でもう1錠飲んだり。


30分も話が続かなかった場合の心配ばかりしていましたが、逆に持ち時間をオーバーしてしまい
4分の3くらいの所で無理やり締めてしまったので打ち切り漫画みたいな終わり方になってしまった。

とりあえず、何とか緊張の日々に一区切りついた事に胸を撫で下ろしました。
話の長い奴だと思われたかもしれないですが、反省は次回に活かしたい。


RE_0003RE_0004
終了後はとりあえず近くのバス停から金山方面に移動、雨なので大須のアーケード街に。
以前、中公設市場のあった跡地には Multina Box という商業施設ができていました。


ちょうど 大須大道町人祭 の前夜祭が始まったのでぶらぶら見て歩く。
金と銀の全身タイツのおっさんたちがラグビーボールをリレーしていましたが、理解できず。


RE_0002RE_0003
これは本日20日の大道町人祭最終日、大光院でやっていたファイヤーダンス?
夕方から家を出たので着いた時にはもうフィナーレみたいな感じでした。


RE_0006RE_0008
大須観音に行ったら既に金粉ショーが終わった後らしかった。
浅間神社の前では何か暗黒舞踏みたいな不可思議なショーをやっていましたが、 これのようです


RE_0009
伝統的な山車行事なども好きですが、大須特有のサブカル感溢れる祭りも悪くないですね。
まだ今週末にももう一仕事残っているので、何とか気持ちを切り替えて乗り切りたい。


あとやはりというか、タピオカ屋が大増殖していました。
勢い余ったのか、商店街の南にある仏壇街でも1ヵ所タピオカ売っている店があったけど
あの辺りまで若者は通りかからない気がする。


RE_0001
今月は市内の公民館や基幹相談支援センターでひきこもり体験談の発表をするなど
ピアサポーターの活動をする予定です。先週はその打ち合わせに行ってきました。


30分ほど話をする内容を来週までに考えないといけないので大変です。
当時の状態、どのようにリカバリーしたのか、現在どのような生活に繋がっているのか。

リカバリーといっても現在もフルで働いている訳ではないし、ちゃんとできていない事ばかりです。
毎日何やかやと時間が足りなくなってブログを更新する余裕もなくて。


             ----------------------------------------------------------------------


RE_0003RE_0005
中川区の高畑で打ち合わせの後、せっかく朝から出てきたので寄り道していく事に。
高畑から金山に行くとちょうど瑞穂運動場行きのバスがあり、何となく乗ってみました。
写真は瑞穂図書館とパロマ瑞穂スタジアム。


体験談を書くために古いHDDからひきこもり時代の日記を掘り起こして読んでいたのですが、
常に焦りと不安、希死念慮と隣り合わせだった記憶を辿るのはなかなか精神を削られます。


RE_0007RE_0008
新瑞橋に行こうと思っていたけど、反対方向のバスに乗って天白区で降りる。
バス停のすぐ隣に地蔵寺と島田神社というのがあったので散策してみました。


昔の日記は「今週は1日も出られず」「また髪を切りに行けなかった」みたいな事を書いていました。
身体が重くて動けない、なぜか泣けてくる、齢だけとっていくのがつらいという訴えが何度も出る。
当時の空気感をとらえている一文があったので引用。
自分の傷をほじくり返しても何も出てこないのに他に何も無い。
1日中辛気臭くしてると脳も筋力も萎縮して生ゴミとの境界も
曖昧になって気分だけで物理的に死んでしまえる気がしてくる。
社会や他人との関わりも無く、毎日寝ているだけで未来に繋がるような事ができていないので
意識のある間は自分の過去をほじくり返すくらいしかやれる事がないけど、それにも限界が来る。


RE_0012RE_0013
せっかく天白区まで来たんだし、鶴舞線に乗って諦めかけていた豊田のクリムト展に行く事に。

豊田は街中ラグビーで盛り上がっているようでした。トリエンナーレ関連も少し。
晴れてはいたけど雲の多い天気でした。


RE_0015RE_0016
美術館まで歩いていく途中、店に入って油淋鶏(ユーリンチー)定食を食べる。
遠出をする予定ではなかったので、スマホをバッテリーに繋ぐと充電残量が半分以下しかない。
温存していかなければ。


RE_0017RE_0019
豊田市美術館は挙母城(七州城)のあった高台にあるのでなかなか坂が険しい。
平日でしたが思ったよりも人が多い。14日の最終日間際だと満員だったかもしれません。


RE_0022RE_0021
クリムトさんは 猫好きのソクラテスみたいな風貌 のおっさんで生涯独身でしたが、
絵のモデルなど、複数の女性との間に少なくとも14人の子供がいたとか。

見たかった ベートーヴェン・フリーズ はオランウータンみたいなテュフォンが非常に良い。
ミュージアムショップで記念に何か買いたかったですが、大きい荷物は入らない鞄だったので
ガチャだけ回しました。黄金の騎士が出たので多分当たりです。


RE_0023RE_0024
豊田市美術館はイケメンです。
トリエンナーレの展示もやっていたようですが、スマホの電池も少ないので見ないで出ました。


RE_0025RE_0028
挙母城(七州城)の石垣が一部残っているようで、敷地には復元櫓も建てられています。
三河、尾張、美濃、伊賀、伊勢、信濃、近江の7国が見渡せたので七州城らしい。

休憩に立ち寄ったイオンの隣にも城があると思ったら 札幌かに本家豊田城店 だった。


RE_0031RE_0032
挙母神社にも寄りました。
1959年に豊田市になる前は、この辺りは長らく挙母(ころも)という地名でした。

推定樹齢650年というクスノキは、建物の高さと比べるとその巨大さがわかるのではないでしょうか。


RE_0035RE_0037
豊田大橋を渡って、ラグビーで盛り上がっている豊田スタジアムに向かいました。
スマホの電池が20%しか残っていなかったので写真だけ撮って帰る事に。


ここにはひきこもりから出てきて間もない頃に一度来た事があります。
当時参加していた集まりで知り合った人に車で連れてきてもらったのでした。
橋の下でフリスビーをやっているのを眺めたり、スタジアムの前で他愛ない話をしたり。

どんな薬よりも、福祉制度よりも、そんな友人のような付き合いを持てるようになった事が
何より「リカバリー」の助けになったように思います。


RE_0038RE_0042
以前来た時も夕暮れ時だったので、どうしても晴れた日にこの場所に来たかった。
橋とスタジアムはどちらも 黒川紀章 デザインですが、恐竜の骨みたいで実にかっこいい。


RE_0043RE_0044
駅からスタジアムまでの区間は非常に都会的で洗練されています。
駅から少し離れるとガラッと田舎になりますが。


RE_0045RE_0048
駅前のとよた参合館には何か球体がありました。

スマホの電池も10%を切ったのでここで豊田歩きは終了。
最近は18時にはすっかり日が落ちて暗くなります。もう秋です。


IMG_7071
12月になりました。
風邪が悪化したようで、頭がぐらんぐらんしています。


昨日は仕事後に病院に行ってついでに風邪薬も出してもらい、
ちょっと横になっていけと言われたので診察室のベッドで休んでから帰りました。
今年の風邪は長引くらしいので、まだ罹っていない方はしっかり予防を。


IMG_7067
今週は風邪が悪化する前にイオンシネマで ゴッホ〜最期の手紙〜 を観てきました。
思い返せば、この日は妙に肩こりが酷かったので体調悪化の予兆はあったかもしれない。


IMG_7068
上映時間の数分前に入館した時には誰もおらず「今日は貸し切りか?」という状態。
徐々に他の観客も入って来ましたが、自分を入れて10人もいなかったです。
どうせ最初の10分くらいは映画泥棒とか、イオンカード入会とか、近日公開の予告編とか、
延々とCMを見せられるので開始時間ちょうどに入るくらいでいいのかもしれません。


クレイアニメのように、背景も常にもりもりと動いているアニメーションは非常に新鮮で、
油絵なのに列車の窓ガラスに顔が写りこむ描写など、一見の価値ありだと思いました。
回想シーンだけモノトーンの写実的な絵になったり、全編油絵である事を巧く使った演出も。


物語は ジョゼフ・ルーラン ( 1月に行ったゴッホとゴーギャン展 でも展示されていた)の息子、
 アルマン・ルーラン が主人公で、ゴッホの死後に残された手紙を遺族に届ける事となり、
その死の真相に興味を抱いて所縁の人々に生前の様子を聞いていくうちに
ゴッホの不器用な生き方が浮かび上がってくるという筋になっています。

もう誰にも届かない、持っていき場のなくなった感情が残された人々の口から語られる。
原題「Loving Vincent」の通り、ゴッホへの愛を感じる作品でした。
(愛が無ければ62450枚も油絵を使おうなんて思わないだろう)


IMG_7069
映画の後は、バスの時間まで ヴィレヴァン やら輸入食品店やらを見てから帰りました。
平日は人が少なめで良い。


IMG_7072
ブログは木曜くらいに更新する予定でしたが、無理でした。
10日(日)の低空飛行第2@高畑までには治していきたい。


IMG_7015
明日、20日(月)は15時~20時半まで低空飛行net定例会を開いています。
都合の良い方はふらりとお立ち寄りください。


最近は真冬並みの寒さの日も多く、空気も乾燥しているので風邪が流行っているようです。
うちも家族が咳き込んでいるので体調を崩さないようにしたい。
明日は温かいお茶でも飲みながら、色々と話を聞ければと思います。


あと個人的な予定ですが、近いうちに ゴッホ〜最期の手紙〜 を観に行きたいと考えています。


125人の画家が描いた62450枚の絵を繋ぎ合わせた全編油絵のアニメーションで
1秒に12枚の油絵が使われているらしい、頭のおかしい映像作品です。
こんなの観たいに決まってる。

愛知県内では イオンシネマ名古屋茶屋 でしか上映していないようなので、
もし興味を持たれた方がいましたら一緒にどうでしょうか?(多分2名くらい割引できます)



IMG_7006IMG_7008
あと、もう行けないかなと諦めかけていた 長沢芦雪展 も、ぎりぎり最終週に行ってきました。

館内に 無量寺 を再現した、龍虎の襖が向かい合ったセットが作られていて、そのミニチュアが
写真撮影可のコーナーにありました。確かに、横に並べての展示よりも本来意図された形に近い。


結構急ぎ足で鑑賞したのですが、それでも1時間半くらい経っていました。
見事なコントラストの 白象黒牛図屏風 、朝顔の蔓だけで空間を見せる朝顔に蛙図襖が良かった。
犬もかわいい。


IMG_7013
その後は、絶滅しそうな魚料理が3日間限定でお値打ちだったので、駄目押しのように散財。
今月で仕事も2年継続した事になるし、たまには良いのではないでしょうか。
一度も休まず、(表面的には)揉める事もなく続けられたのは、自分にしては奇跡的な事です。
3年目も(表面的には)平和にやっていければ。


IMG_7016
三越のライオンはもうクリスマス仕様で気が早い。

今年も何だかんだと嫌な事はありましたが、悲観や怒りの中に留まっているよりは
興味を惹かれるもの、癒されるものに目を向けて、できる限りポジティブな感情を維持したい。
憂鬱に過ごしても、イライラして過ごしても、趣味に没頭して過ごしても同じ1日が過ぎていく。
1年を振り返って、なるべく良かった1日ばかりが思い浮かぶように日々を送りたいものです。
(言うほど簡単ではないですが……)


↑このページのトップヘ