低空飛行net

名古屋駅西で活動するひきこもり・メンタル系自助グループ(当事者会)
低空飛行netのブログです

カテゴリ: 日記

RE_0001
来週16日(月)には2019年最後の低空飛行net定例会があります。
参加・見学を希望する方は こちら に目を通して、初回参加時のみ一度ご連絡ください。


これまで低空飛行net関連に一度でも参加した事のある方は、二回目以降の参加時には連絡不要です。
当日の調子と都合が良いようでしたら、いつでもふらりとお立ち寄りください。

低空飛行net定例会は、話すのが苦手な人は黙って座っているだけでも良い会となっています。
(話を振られたくない方は自己紹介時に「今回は聞くだけで」と言ってもらえれば振りません)


今年最後の定例会ですので、静かに2019年を振り返る事ができればと思います。
ひきこもり時代、年の瀬に「良いお年を」と言える相手がいない事に孤独を感じていたものですが、
別れ際にそんな言葉を掛けあって暖かい気持ちで1年を締めくくりたいものです。


             ----------------------------------------------------------------------


個人的に、今年は名古屋市立図書館21館を全部まわった事に秘かな達成感がありました。
Googleマップに行った場所の写真をアップするのがここ1年くらいのささやかな楽しみなのですが、
いくつかの図書館でTop画像に選ばれた頃に21館をコンプリートしたいという欲が出てきて、
あまり馴染みのなかった区を訪れる理由にもなりました。


LIB_0004LIB_0003
鶴舞中央図書館と熱田図書館。
中区と昭和区には区名を冠した図書館は無くて、代わりに鶴舞中央図書館があります。
蔵書数が最高で最初の名古屋市図書館です。
熱田図書館はJR熱田駅の隣り、区役所、保健センターと同じ建物にあります。


LIB_0006LIB_0007
中村区の中村図書館。春に行きました。
中村公園の中にあり、2階は秀吉清正記念館、3階は中村文化小劇場となっています。


LIB_0008LIB_0002
中川区の中川図書館と富田図書館。
中川図書館はあおなみ線荒子駅の近くに、富田図書館はJR春田駅の近くにあります。
名古屋市の東側在住の人からすると、富田図書館は存在すら知らない図書館かもしれません。


LIB_0040LIB_0011
守山区の守山図書館と志段味図書館。
守山図書館は名古屋市に編入される前に守山市役所があった跡地に、
志段味図書館は ゆとりーとライン 以外では立ち寄る事のなさそうな辺境の地にあります。


LIB_0014LIB_0013
西区の西図書館と山田図書館。
職場からの帰り道に寄れる場所なので同じ日に梯子したのですが、
浄心の西図書館に着く頃には天気が崩れて雷が鳴り始めたので暗い写真になってしまった。


LIB_0016LIB_0017
緑区の緑図書館。石垣のような高台の上にあり、高校と隣接しています。
なかなか駅から遠い。有松鳴海絞の資料がありました。


LIB_0010LIB_0026
緑区の徳重図書館と天白区の天白図書館。
徳重図書館は21番目にできた図書館で、徳重駅の隣り、徳重支所の入っているビル3階にあります。
ビルの向こう側に小さく見える、 鳴海配水塔 を見に行った時に寄りました。
天白図書館は集合住宅の1階を利用していて、上階には普通に人が住んでいるようです。


LIB_0024LIB_0025
瑞穂区の瑞穂図書館。2015年に移転したばかりで新しい。
瑞穂スタジアムの隣りにあるためか、グランパスコーナーもありました。


LIB_0029LIB_0030
南区の南図書館。
1~2年前に来た時には工事をしていて閉館中だった気がします。
栄から笠寺、星崎方面に向かうバスで祭りを見に行く途中に立ち寄りました。


残りの図書館はまたそのうち。


RE_0020
11月になってしまいました。
明日4日(月・祝)は 喫茶マウンテン 街歩きに行ってきます。


RE_0017RE_0020
1週間前には 中川区障害者基幹相談支援センター で家族教室という講座がありました。
久しぶりの高畑でしたが、薬局のパンダが心なしか男らしくなっていたり、
はなび本店の隣にあった元祖台湾カレーの店も閉店していたりで時間の流れを感じました。


活動内容は3人の病気を持つ方のご家族に自分の体験など30分ほど話をしたのですが、
自分の話はともかくとして、質疑応答では3名とも熱心に質問してくださり手応えを感じました。
(前の週に話した時は、人数は10倍いましたが誰も質問をする人がいなかったので……)


今月の定例会でもどんな感じだったのか簡単に報告できればと思います。
また12月にピアサポート活動の予定があるので、その準備もしていきたい。


             ----------------------------------------------------------------------


10月はピアサポーターの活動が2回あったり、豊田に行ったり、映画を観たり、
祭りにも足を運んだりとなかなか忙しく過ごしました。

写真も撮って、そのうちブログの記事で使おうと思いつつ11月になってしまったので
供養の意味でまとめて貼っておきます。


RE_0011RE_0012
これは南区本星崎にある星宮社の本地祭りに行った時のものです。
有松に行く途中、たまたまバスが遅れて歩いていたら祭囃子が聴こえてきたので立ち寄りました。


RE_0020RE_0022
その後に行った有松天満社の秋祭り。
寄り道をしたせいで17時頃に着いたため、すぐに真っ暗になってしまった。


RE_0025RE_0026
祭りだからか、いつも閉まっていた本殿の門が開放されていました。
古い陶器の狛犬や、祀られている鏡が見えます。


RE_0002RE_0004
確か台風の翌日、雲一つない晴天の日には清須市にも行きました。
Googleマップにも載っていない小さい神社でも祭りをやっていた。


RE_0006RE_0008
地元の人だけでやっているような小ぢんまりとした祭りの雰囲気も良いものです。
通りすがりに写真を撮っていたら、お年寄りに「撮ってくれてありがとうね」と声をかけられたり。


RE_0009RE_0012
また給水塔コレクションが増えてしまった。
名古屋から徒歩で はるひ美術館 まで行く人はあまりいないと思う。


RE_0013RE_0015
ちょうど今年で20周年らしく、 3年前に行ったミュシャ展 のポスターも。もう3年も経つのか。

20周年記念企画展「嗅覚のための迷路」をやっていたので見ていきました。
ぶら下げられた小瓶を嗅いだり、スリッパの足跡を嗅いだり、鑑賞の難易度が高めの企画展でした。
台風直後で人が少なくてよかった。

この後は清洲城なども行ったのですが、長くなったのでこの辺で。


RE_0002
明日21日(月)は10月の定例会があります。
15時から開けていますので、久しぶりな方も気軽にご参加ください。


11月3日か4日には喫茶マウンテン街歩きをしたいので、そういった話もできればと思います。
12月の忘年会はどうしようか、今年もいつの間にかそんな事を考える時期になりました。


             ----------------------------------------------------------------------


RE_0002b
18日に中川区の中島公民館で行われた「ご近所ボランティア研修会」でひきこもりの話をしました。
当日は薬を飲んでも眠れず、新聞配達の音が聞こえてきたので追加でもう1錠飲んだり。


30分も話が続かなかった場合の心配ばかりしていましたが、逆に持ち時間をオーバーしてしまい
4分の3くらいの所で無理やり締めてしまったので打ち切り漫画みたいな終わり方になってしまった。

とりあえず、何とか緊張の日々に一区切りついた事に胸を撫で下ろしました。
話の長い奴だと思われたかもしれないですが、反省は次回に活かしたい。


RE_0003RE_0004
終了後はとりあえず近くのバス停から金山方面に移動、雨なので大須のアーケード街に。
以前、中公設市場のあった跡地には Multina Box という商業施設ができていました。


ちょうど 大須大道町人祭 の前夜祭が始まったのでぶらぶら見て歩く。
金と銀の全身タイツのおっさんたちがラグビーボールをリレーしていましたが、理解できず。


RE_0002RE_0003
これは本日20日の大道町人祭最終日、大光院でやっていたファイヤーダンス?
夕方から家を出たので着いた時にはもうフィナーレみたいな感じでした。


RE_0006RE_0008
大須観音に行ったら既に金粉ショーが終わった後らしかった。
浅間神社の前では何か暗黒舞踏みたいな不可思議なショーをやっていましたが、 これのようです


RE_0009
伝統的な山車行事なども好きですが、大須特有のサブカル感溢れる祭りも悪くないですね。
まだ今週末にももう一仕事残っているので、何とか気持ちを切り替えて乗り切りたい。


あとやはりというか、タピオカ屋が大増殖していました。
勢い余ったのか、商店街の南にある仏壇街でも1ヵ所タピオカ売っている店があったけど
あの辺りまで若者は通りかからない気がする。


RE_0002
大型の台風が来た週末でした。首都圏など河川が氾濫した地域もあるようですね。
直前に自宅の工事が終わって足場が撤去された後でよかった。


来週21日(月)には10月の低空飛行net定例会があります。
参加・見学を希望する方は こちら に目を通して、初回参加時のみ一度ご連絡ください。

「参加申し込みしたけどやっぱり行けませんでした……」
という方も、気に病む事なく来月でも再来月でも、またタイミングの合った時にどうぞ。
低空飛行netはそういう方のための集まりです。


これまで低空飛行net関連に一度でも参加した事のある方は、二回目以降の参加時には連絡不要です。
当日の調子と都合が良いようでしたら、いつでもふらりとお立ち寄りください。
もちろん、「以前参加した○○です、今月は久しぶりに行きます」みたいな連絡を貰えるのは
嬉しい事ですので、連絡いただけた場合もちゃんと返信させていただきます。


低空飛行net定例会は、話すのが苦手な人は黙って座っているだけでも良い会となっています。
(話を振られたくない方は自己紹介時に「今回は聞くだけで」と言ってもらえれば振りません)
初めての方、久しぶりの方にとって参加のハードルが低い場になれば良いなと思います。


いつも通りのんびり開けていますので、近況報告、病気や対人関係、趣味の話など聞かせてください。
自分も今週18日(金)にひきこもり関連の研修会があるので、どんなだったか簡単に報告します。
まだ原稿が半分程度しかできていないので、あと3日くらいで急いで書かなければ……。


             ----------------------------------------------------------------------


RE_0001
先週は映画 ジョーカー を観てきました。 

バットマンのキャラクターですが、シリーズを知らなくても問題なく楽しめるスピンオフ作品です。
(バットマン自体は出てこないというか、幼き頃のブルース少年がちらっと出てくる程度です)




役作りのために24kgも減量したという ホアキン・フェニックス が、周囲からズレていて
人を笑わせたいという夢を持ちながら自分が笑いものになっている中年主人公を怪演しています。


主人公は精神疾患を抱えていて、服薬してカウンセリングも受けているのですが
その福祉の打ち切りを宣告される場面は、人によっては殺人場面よりもグロシーンかもしれない。

物語が進んで、前半で一段一段を重苦しく上っていた長い階段を
踊りながら下りていったシーンには言いようのない解放感がありました。
個人的に覚えのある「駄目にしてしまったけど、これで楽になれる」という解放感に似ている。


1989年のバットマンでは薬品タンクに落ちた事でジョーカーになりましたが、
2019年の今作では、セーフティネットの隙間に落ちてジョーカーになったといえるだろうか。
色々と感想を書きたいのですが、ネタバレになってはいけないのでこの辺にしておきます。
誰か観た人がいたら語りあいたいですね。


RE_0001
今月は市内の公民館や基幹相談支援センターでひきこもり体験談の発表をするなど
ピアサポーターの活動をする予定です。先週はその打ち合わせに行ってきました。


30分ほど話をする内容を来週までに考えないといけないので大変です。
当時の状態、どのようにリカバリーしたのか、現在どのような生活に繋がっているのか。

リカバリーといっても現在もフルで働いている訳ではないし、ちゃんとできていない事ばかりです。
毎日何やかやと時間が足りなくなってブログを更新する余裕もなくて。


             ----------------------------------------------------------------------


RE_0003RE_0005
中川区の高畑で打ち合わせの後、せっかく朝から出てきたので寄り道していく事に。
高畑から金山に行くとちょうど瑞穂運動場行きのバスがあり、何となく乗ってみました。
写真は瑞穂図書館とパロマ瑞穂スタジアム。


体験談を書くために古いHDDからひきこもり時代の日記を掘り起こして読んでいたのですが、
常に焦りと不安、希死念慮と隣り合わせだった記憶を辿るのはなかなか精神を削られます。


RE_0007RE_0008
新瑞橋に行こうと思っていたけど、反対方向のバスに乗って天白区で降りる。
バス停のすぐ隣に地蔵寺と島田神社というのがあったので散策してみました。


昔の日記は「今週は1日も出られず」「また髪を切りに行けなかった」みたいな事を書いていました。
身体が重くて動けない、なぜか泣けてくる、齢だけとっていくのがつらいという訴えが何度も出る。
当時の空気感をとらえている一文があったので引用。
自分の傷をほじくり返しても何も出てこないのに他に何も無い。
1日中辛気臭くしてると脳も筋力も萎縮して生ゴミとの境界も
曖昧になって気分だけで物理的に死んでしまえる気がしてくる。
社会や他人との関わりも無く、毎日寝ているだけで未来に繋がるような事ができていないので
意識のある間は自分の過去をほじくり返すくらいしかやれる事がないけど、それにも限界が来る。


RE_0012RE_0013
せっかく天白区まで来たんだし、鶴舞線に乗って諦めかけていた豊田のクリムト展に行く事に。

豊田は街中ラグビーで盛り上がっているようでした。トリエンナーレ関連も少し。
晴れてはいたけど雲の多い天気でした。


RE_0015RE_0016
美術館まで歩いていく途中、店に入って油淋鶏(ユーリンチー)定食を食べる。
遠出をする予定ではなかったので、スマホをバッテリーに繋ぐと充電残量が半分以下しかない。
温存していかなければ。


RE_0017RE_0019
豊田市美術館は挙母城(七州城)のあった高台にあるのでなかなか坂が険しい。
平日でしたが思ったよりも人が多い。14日の最終日間際だと満員だったかもしれません。


RE_0022RE_0021
クリムトさんは 猫好きのソクラテスみたいな風貌 のおっさんで生涯独身でしたが、
絵のモデルなど、複数の女性との間に少なくとも14人の子供がいたとか。

見たかった ベートーヴェン・フリーズ はオランウータンみたいなテュフォンが非常に良い。
ミュージアムショップで記念に何か買いたかったですが、大きい荷物は入らない鞄だったので
ガチャだけ回しました。黄金の騎士が出たので多分当たりです。


RE_0023RE_0024
豊田市美術館はイケメンです。
トリエンナーレの展示もやっていたようですが、スマホの電池も少ないので見ないで出ました。


RE_0025RE_0028
挙母城(七州城)の石垣が一部残っているようで、敷地には復元櫓も建てられています。
三河、尾張、美濃、伊賀、伊勢、信濃、近江の7国が見渡せたので七州城らしい。

休憩に立ち寄ったイオンの隣にも城があると思ったら 札幌かに本家豊田城店 だった。


RE_0031RE_0032
挙母神社にも寄りました。
1959年に豊田市になる前は、この辺りは長らく挙母(ころも)という地名でした。

推定樹齢650年というクスノキは、建物の高さと比べるとその巨大さがわかるのではないでしょうか。


RE_0035RE_0037
豊田大橋を渡って、ラグビーで盛り上がっている豊田スタジアムに向かいました。
スマホの電池が20%しか残っていなかったので写真だけ撮って帰る事に。


ここにはひきこもりから出てきて間もない頃に一度来た事があります。
当時参加していた集まりで知り合った人に車で連れてきてもらったのでした。
橋の下でフリスビーをやっているのを眺めたり、スタジアムの前で他愛ない話をしたり。

どんな薬よりも、福祉制度よりも、そんな友人のような付き合いを持てるようになった事が
何より「リカバリー」の助けになったように思います。


RE_0038RE_0042
以前来た時も夕暮れ時だったので、どうしても晴れた日にこの場所に来たかった。
橋とスタジアムはどちらも 黒川紀章 デザインですが、恐竜の骨みたいで実にかっこいい。


RE_0043RE_0044
駅からスタジアムまでの区間は非常に都会的で洗練されています。
駅から少し離れるとガラッと田舎になりますが。


RE_0045RE_0048
駅前のとよた参合館には何か球体がありました。

スマホの電池も10%を切ったのでここで豊田歩きは終了。
最近は18時にはすっかり日が落ちて暗くなります。もう秋です。


↑このページのトップヘ