低空飛行net

名古屋で2011年から活動する、ひきこもり・メンタル系自助グループ(当事者会)
低空飛行netのブログです

カテゴリ: 日記

RE_0002
9月です。いくらか暑さも和らいできました。
愛知県の緊急事態宣言も延長しそうではありますが、来週9月13日(月)には定例会があります。


初参加・見学希望の方は、まず こちら に目を通してから事前申し込みお願いします。
過去に一度でも参加した事がある方は 2回目以降の参加申し込み を見てお申し込みください。
初めての方は 会場案内の記事 も確認しておくと良いかもしれません。


結果的に来られなくても欠席の連絡さえもらえれば大丈夫ですので、気軽に参加申し込みください。
引き続き、ペットボトル飲料など自分の水分補給用の飲料のみ持ち込み可能で、食物はNGです。

今回は今のところワクチン接種済みの方ばかりの参加で、普段より少人数での開催となりそうです。
まだ2回の接種が済んでいない方、不安のある方は来月以降に落ち着いたらご参加ください。
続いてさえいれば、また次の機会というものはあります。


             ---------------------------------------------------------------------- 


RE_0001RE_0001
事業所の帰りは名古屋駅を通過する事が多いので、たまに駅西にも立ち寄ります。
2年前に取り壊されたミニストップもお洒落なビルの1階で復活しています。

RE_0001
こちらが2019年に壊される直前の旧店舗。
定例会の帰りにゴミ箱利用させてもらった事もありました。


RE_0007RE_0007b
椿神明社の建て替え進捗状況を確認するために駅西まで立ち寄っているようなものですが、
さすがにもう1年以上工事していて完成してないのはコロナ禍にしても遅くないか……?という気も。
本殿には立派な神明造の屋根ができていました。
屋根の上のV字の木は祀られているのが男神か女神かで形が違うとか余計な知識ばかりついてしまう。

北側の境内が削られてリニア駅の工事をしていますが、周囲の風景が全く変わってしまっても、
敷地が小さくなっても、神社が同じ場所で地域の記憶を残してくれる事には意味があると思います。


RE_0005RE_0006
神社隣りのビルも閉まっている店が多いので取り壊されそうな気がします。
定例会の帰り道で通りすぎていたホルモン店の文字も懐かしい。あかひげ薬局は残れるのだろうか。


RE_0009RE_0010
リニア駅の工事で使うのか、巨大なタンクが何基か増えました。
2枚目の写真の奥に見えるのが杏亭です。

馴染みのあった風景もどんどん変わっていきます。
知っている道は知らない道になっていく。
だから定期的に写真を撮って、せめて記憶の中にだけは留めておこうとしている。


RE_0013RE_0007
タンクと神社に挟まれた飲み屋も、緊急事態宣言で休業中。
ここは以前、麵や六三六というつけ麺店があった跡地でした。

見慣れた町中華の店も、工事区画と工事区画に挟まれたこの並びだと
そのうちオセロみたいにひっくり返りそうです。

いつも飲み物を買っていたローソンストア100中村則武店も、いつの間にか閉店していました。


当たり前のように、ずっと同じままあり続けるものなんて一つも無い。
残っているものは、誰かが残そうと維持した結果そうなっている。

低空飛行netも片手で数えきれない程度には
「100円の参加費でこんな理不尽を受け入れなきゃいかんのか、人を何だと思っているんだ?」
と脈拍がおかしくなりそうな事件がありつつも、
必要としてくれる人、助けてくれる人がいるおかげで何とか救われて、続けられています。

なるべく以前と同じ形で維持していきたくても、時代や状況の変化には適応していく必要があり、
人数制限や感染症対策など、今後も参加者に協力をお願いする場面があるかもしれません。
どうか今後も引き続き(無理のない範囲で)ご協力お願いします。

削られて変わっていく所はどうしてもありますが、10年続けてきた活動をかけがえのない
積み重ねとして、この先も残していく事には意味があると思いたい。


RE_0096
8月になりました。
今月の定例会は8月16日(月)にあります。(状況によっては休止の場合もあります)


初参加・見学希望の方は、まず こちら に目を通してから事前申し込みお願いします。
過去に一度でも参加した事がある方は 2回目以降の参加申し込み を見てお申し込みください。
初めての方は 会場案内の記事 も確認してお越しください。


結果的に来られなかったとしても連絡さえしてもらえれば大丈夫ですので、気軽にご連絡ください。
猛暑日が続くため、ペットボトル飲料など持参して水分補給しつつお話しできればと思います。


東京では今日(8月5日)も新型コロナウイルス感染者数が5000人を超えるなど、第5波の最中です。
愛知も今のペースだと10日後には今の倍くらいになっていそうですが……。
いつでも休止できるよう縮小版で、状況を注視していきたいと思います。
(今回見送って9月以降になれば落ち着いているかというと、それも怪しいですし)




個人的にはやっとワクチン接種済みとなり、自分が重症化する不安だけは相当に軽減しました。

「感染者が増えても重症者はそんなに多くないから、若く基礎疾患がなければたぶん平気だろう」
という認識の人もいるかもしれませんが、中等症でも絶対罹りたくないレベルの肺炎で、
30代で25人に1人、40代だと10人に1人というと、まあまあ当たるロシアンルーレットに思えます。


ひきこもり最盛期の頃に今の状況になっていたら、果たしてワクチン打ちに行けただろうか?
独りで不安を抱えて情報を漁っていたり、下手したら高熱と酸欠で死を覚悟していたかもしれない。
社会との繋がりが微かでもあるおかげで、自分のような人間でも何とか生かされているのを感じます。


             ---------------------------------------------------------------------- 




7月のうちに海に行っておいてよかった。
また書く事がなくなったら海歩き日記でも書きます。


RE_0062
雨と蒸し暑い日が続きます。(最近のいい写真がないので春に岡崎で撮ったしかみ像です)
あと1週間ちょっと先、7月19日(月)に7月の定例会がありますので気軽に参加ください。


初参加・見学希望の方はまず こちら に目を通してから事前申し込みお願いします。
過去に一度でも参加した事がある方は、 2回目以降の参加申し込み を見てお申し込みください。
初めての方は 会場案内の記事 も確認してお越しください。怖くないです。


いつも通り、感染症対策としてマスク着用、消毒、検温の徹底にご協力お願いします。
食べ物の持ち込みは無し、自分用の飲料に限り持ち込みOKとなります。
気温も高いと思いますので、水分補給のためペットボトル飲料などを用意してお気軽にどうぞ。


東京ではまた緊急事態宣言が出たり、オリンピックが無観客になったりしていますね。
色々あると思いますが、夏の過ごし方や近況など聞かせていただければと思います。


             ---------------------------------------------------------------------- 


RE_0091RE_0078
岡崎の矢作橋には、少年時代の秀吉と蜂須賀小六の出会い像があります。
実際は矢作川に橋ができたのは秀吉の死後で、それ以前は渡し舟だったので太閤記の創作らしい。


今週は何とか新型コロナワクチン(1回目)を接種できました。
(ワクチンが不足しているためか、接種する予定だったのに延期になった人もいるようですね)
「痛くて腕が上がらなくなるので利き腕とは逆の腕に打つといいらしい」とwebで見かけたので
左腕に打ちましたが、注射自体はそんなに痛いとも思いませんでした。採血と違って一瞬ですし。

ただ、帰宅後に38度近く熱が出たので、翌日は1日寝ていてブログ更新が遅れました。
発熱以外は特に症状もなく食欲もあり、夜には熱も下がったので免疫が異物に反応していたのだなと。
接種後も平気で働いていた人もいるし、だるさや腕の痛みだけあった人など個人差があるようです。

「ワクチン接種のお知らせが来たけど打とうか迷ってる……」という人も何人かいるようなので
個人の体験で参考になるかわかりませんが、自分はこんな感じでしたよと書いてみました。


RE_0083RE_0081
矢作神社にはB級感あるヤマトタケルの像があり、戦艦矢矧の模型も奉納されているようでした。
ヤマトタケルが矢を作らせた伝承が地名・川名の由来なので古社のはずですが、式内社ではないのか。


定例会の前日、18日(日)には 東海なでしこの会 さんの例会で
ひきこもり家族の方々に話をさせていただく予定です。
まだ当日話す原稿ができていないのに1週間前になってしまった。

思い出しても決して楽しくはない経験ですが、こうして声をかけていただき、
誰かの役に立つかもしれないと思うと少しは過去の自分も報われるような気持ちになります。


当事者の集まりやピアサポート活動というのは、普段ケアされたり支援が必要だったりする人でも
別の場面ではケアする役割、支援する役割を持てる所に小さくない意味があると思います。
弱点や欠点、つらい経験も、似たような境遇にある人との共通点、橋渡し、強みになる場合がある。

そういう活動に関心がある人も一度来ていただければ、もしかしたら一緒に何かできるかもしれない。
参加をお待ちしております。


RE_0030
来週6月21日(月)に2ヵ月ぶりの定例会があります。
気温も30度を超える事が多くなってきたので、水分補給のため飲み物を用意してご参加ください。


7月の定例会参加申し込みも受け付けています
初参加・見学希望の方はまず こちら に目を通してから事前申し込みお願いします。
過去に一度でも参加した事がある方は、 2回目以降の参加申し込み を見てお申し込みください。

会に参加される際は感染症対策としてマスク着用、消毒、検温、換気の徹底にご協力お願いします。
引き続き、食べ物の持ち込みは無し、自分用の飲料に限り持ち込みOKとなります。


久しぶりに近況など聞かせていただければと思います。
色々と疲れる事もありますが、安心して話ができる場を今後も維持していきたいですね。


             ---------------------------------------------------------------------- 





そういえば、緊急事態宣言が出る前ですが岡崎で岡ビル百貨店を見てきました。
5月までで閉館してしまったようなのでブログにも岡崎写真を貼っておきます。


RE_0005RE_0031
せっかく閉館前に撮っていたのにGoogleマップに投稿しないまま6月になってしまった。
まだ健在のうちに昭和の遺跡を見る事ができたのはよかったです。


RE_0014RE_0015
東岡崎駅から南に少し歩くと 六所神社 があります。
松平氏の氏神で、家康の祖父、松平清康が豊田の 松平郷 から勧請して創建したようです。


RE_0016RE_0017
真っ赤な楼門、拝殿だけでなく、一見地味な神供所も国の重要文化財に指定されています。
それぞれ2017年に修復されたばかりでピカピカでした。


RE_0021RE_0022
踏切越えた先に一の鳥居があります。一時期、高宮神社と改称したようで社号標が残っています。
参道の大きな松が道路の裂け目から直接生えている風景が面白い。


RE_0025RE_0027
駅前も岡ビル百貨店の周辺以外は新しく開発が済んでいるようでした。

昭和のビルや朽ちた店舗も、自分的には神社仏閣や城址なんかと同じく
歴史カテゴリーとして観賞しているので、取り壊されてしまうのは惜しい気持ちがあります。


RE_0026RE_0029
岡崎出身、 内藤ルネ のデザインマンホールや徳川家康の像がありました。
台座の裏に書かれた「厭離穢土 欣求浄土」は家康の馬印に使われた文句。


RE_0039RE_0042
1年前に出来たてほやほやの桜城橋。
檜で作られた歩行者専用橋で、橋上でイベントも行えるようです。


RE_0043RE_0047
徳川四天王の像もありました。
本多忠勝と井伊直政は騎馬姿でしたが、馬を省略するくらいなら立像の方が見栄え良くなりそう。


RE_0049RE_0051
オカザえもんも見かけました。
岡崎シビコという古めかしいショッピングセンターも地域の歴史建築物といえる。


他にも行きましたが、長くなってしまったのでこの辺にしておきます。
ワクチン接種がもう少し行き渡って、また街歩きなど企画できる世の中になってほしいですね。


RE_0009
先週19日の定例会に参加された方々、お疲れ様でした。
来月は5月17日(月)を予定しています。今回来られなかった方はまた次回どうぞ。


今月は初めての方、2年半ぶりくらいに顔を見せてくれた方の参加もあり、
就労継続支援の事、人間関係、病気の事、聖火リレー、プロテイン、神社巡りと御朱印帳など
色々な話題が出た3時間となりました。
趣味の話題から、以前は映画館に入るハードルが高かった、公共交通機関が苦手といった話も。

新しく始まったばかりの当事者会の話も聞きました。
近いうちに一度参加してみて、こちらでも紹介できるかもしれません。


ちょうど「 まん防 」が適用される前日で、東京、大阪の緊急事態宣言も囁かれていた頃だったので
新型コロナ関連の話も多く、直近の予定も立てにくくなってしまったなと。
少なくとも、ワクチンが行き渡るまでは先行きの見えないトンネルを抜けられそうにないですね。


RE_0004RE_0008
今月から、会場には消毒装置だけでなく検温用の新しい装置も設置されており、
参加者には当日の体温を記入してもらう形になりました。
他の人の連絡先まで見えてしまうのも良くないので、次回からは名前と体温のみ記入してもらい
連絡先は代表の方からメールで送る形式にします。(ハンドルネームの場合、それも併記します)

新たに手間がかかる事もあったり、まだ試行錯誤の最中で参加者にも不便をかけますが、
ここまで対策して開催しているという事が安心して参加してもらえる信用に繋がるとも思います。
どうか今後も安定して開催していけるよう、ご協力ください。


             ---------------------------------------------------------------------- 


いじめや虐待など、他者への執拗な攻撃、度を越した加害ができる人というのは
被害者意識が非常に強い人が多いと(自身の経験を振り返っても)思います。



「自分は被害者」「だから相手に何をしても許される」という自己正当化のプロセスがあるから
常識的に考えれば「これ以上はやっちゃいけない」というハードルを超える事ができてしまう。


誰かに被害者意識を持ってしまったら、自分と相手の立場を置き換えて相対化してみる。
「自分だって忙しい時、疲れている時には優しくできてない、配慮の足りない人間かもしれない」
「自分のような繊細さに他人として接するとしたら消耗しそう、怒らせそうで心休まらない」

今まで生きてきて染みついた考え方の癖に気づいて、変えていく事は難しい。
自分の感じ方、考え方に偏りはないか、 認知の歪み に当てはまっていないか?
意識しないと重力に従って同じ所に戻ってしまうと警戒して、ちゃんと自分をチェックできている、
破滅的展開を回避できたと思ったら、重力に打ち勝った自分の変化と成長を喜ぶ。
そんなプロセスの繰り返しで多少は変わっていけると(自身の経験を振り返っても)思います。

怒りや憎悪の記憶は反芻しない。嫌なものからは離れる。
いつまでも怪物と戦っていると自分も怪物になっていく。遠くまで行きたい。


↑このページのトップヘ