IMG_5007
平成も残り1週間となりました。急に暑くなってきて半袖でもいいくらいです。
週末は出かける元気もなかったので、冬服を捨てたり片付けをしていたら終わりました。


寝室に積んであった古雑誌も処分。限界重量の束を持ってリサイクルボックス?まで行ったら
「不法投棄が多いため閉鎖」していて、絶望的な気分でまた10分ほど歩いて他所に捨てたり。
翌日は筋肉痛になりました。


ひきこもっていた頃、漫画雑誌などを「翌月になったら買えなくなるから」という理由で
毎月せっせと買うだけ買って、中身はほぼ読んでいないまま大量に積んでいました。

今思えば、うつで漫画も読めなくなっていたのだと思いますが、当時は自分の状態には気づかず
「漫画くらいその気になれば読めないはずはないから後で読むだろう」
「子供の頃から好きだった趣味だし、この習慣が途切れるのが怖い」
と惰性だけで買い溜めて、中にはビニールが被ったまま積まれて読まずに捨てた本もあります。

捨てられる判断ができるようになっただけでもマシになったのだと思いたい。


RE_0003RE_0007
先週の帰りに事業所の周辺を散策した時の写真。
 健康ドーム はジムや体育館、露天風呂まで備えた施設らしい。(上の開いてる所から外が見える)


部屋の片付けの鉄則として、普段から床に物を置くのは厳禁だとよく言われます。
確かに床に雑誌を積んだりすると、いつの間にか「物を置くための台」になってしまう気がする。
まだまだ「過去の遺産」が山のように残っているので、少しずつでも捨てていかなければ。
 

RE_0008
健康ドームの近くには九之坪城址の石碑があります。

城主だった 梁田政綱 は、桶狭間の戦いで信長に今川義元の本陣の位置を報告した事で
一番手柄とされたといわれていますが、あまり資料が残っておらず不明な点の多い人物です。


RE_0002RE_0004
その梁田さんが建てたと伝わる十所社は、九之坪城の西にありました。

昭和初期に再建されるまでは城のある東向きに社殿が建っていたそうですが、
現在の社殿は南向きで、すぐ横を道路が斜めに通っています。


RE_0009
九之坪城と十所社のちょうど間に謎のスポットがありました。
立て札に庚申寺跡と書いてあるのは読めましたが、経年劣化でそれ以外の文字が判読できない。

この近隣に「庚申前」という地名が残っているので歴史の古い寺院なのは確実と思われますが、
ネットにも情報がないな……と更に調べてみたら、数年前に現在よりはまだ読める状態で
立て札を撮ったブログがあり、どうも1570年に創建、平成6年に廃寺になったと書いてあるらしい。

何で平成に立てた解説板がもう読めなくなってるんだよ北名古屋市……。
(当時は西春町か?)