IMG_2791
やっと1週間終わりました。
明後日11月19日(月)は15時~20時半まで定例会をやっていますので適当にお立ち寄りください。


あまり体調も良くないので今日は1日寝ていました。
来週は金曜も休みなので余裕があればどこかに出かけたい。余裕なければ寝る。


gmap181117bgmap181117d
特に書くような事もないので、仕方なく過去に書きかけだった記事を探していたら
 8月に博物館に行った 翌週に下之一色を歩いた時のものが残っていました。
もう年末も近いというのに8月の日記というのは時期外れにも程がありますが……。


下之一色の位置は名古屋市の南西、庄内川と新川、国道1号に囲まれたデルタ地帯です。
 博物館の海たび を見て、「海なし区」である中川区にありながら
今も港町の面影が残っているらしいというのが面白そうだったので、何となく訪れてみました。


IMG_2763IMG_2765
国道1号から入ると昭和中期くらいの年季ものの建物が並んでいます。

この辺りには正色市場とか正色小学校とかありますが、正色というのは「下ノ一」色という
文字を組み合わせて「正」色と読むという、「くのいち」みたいな文字遊びらしい。


IMG_2767IMG_2772
当日に急に思い付いて行ったので、到着した時点でもう18時過ぎでした。
寂れたシャッター街というには古すぎるというか、歴史的建造物に近い貫禄すらある。


IMG_2770IMG_2771
一見して営業しているのかわからないタクちゃんラーメンという店。
ビル内を覗いてみると大漁旗が掛かっていました。店内に入る度胸はなかった。


IMG_2773IMG_2774
古い建物、ボロい看板、狭い路地裏。
昭和の町並み保存地区に認定したい。


IMG_2775IMG_2779
浅間社の創建は不明ですが、戦国時代に修造された記録が残っているようで結構な古社です。
ふと狛犬の足元を見ると、地元の子供が置いたらしい木の実が並んでいて癒される。


IMG_2782IMG_2784
南に歩くと廃墟のような建造物が。
海はないけど港が近い。


IMG_2785SDSC_2070
何とか日没までに魚市場に着きました。
伊勢湾台風で大きな被害を受けて漁港はなくなりましたが、市場はまだ現役で残っています。
ちょうど沈みかけた夕陽がきれいで、しばらくその景色を眺めていました。


ひきこもり時代から脱出して、どん底だった頃よりは安定しているし、一応仕事も続いてはいる。
それでも「何かをするにはもう遅すぎる」と、取り戻せない時間を悔いる場面は少なくない。

その時間にその場所に居たからこそ見える、遅く来たからこそ見える景色というものがあって、
そこに自分なりの価値、強みを見つけようと考えられると少しは楽になるのかもしれない。
自分の経験や活動も、同じように「もう遅すぎる」と思っている人を力づけられるかもしれない、
そういう強みにもなるのだと考えていきたい。


IMG_2797IMG_2793
市場の隣に「三角西緑地 三角ゆうひ緑地」という小さな公園がありました。
庄内川と新川に挟まれたデルタ地帯は、海に突き出た岬のようで確かに夕陽がよく見える。

デルタ地帯の東側に行ってみると「三角東緑地 三角あさひ緑地」と書いてある。
ああ、東岸の朝陽が上る方の公園があさひ緑地で、西岸の夕陽が沈む方にあるのはゆうひ緑地なのか、
何の変哲もない公園でも、上手なネーミングというだけで記憶に残るなと感心しました。


IMG_2800IMG_2803
堤防沿いに帰る頃にはもう19時過ぎで周囲も真っ暗に。

正色小学校の前にある 下之一色城 址の碑を見てから帰りました。
前田家の城ですが、江戸時代に新川が掘られたので遺構は残っていません。


帰ってから三角東緑地、西緑地を地図で探してみましたがGoogleMapsにも載っていなかったので
 名古屋市の都市公園データ を見てみると2年前の平成28年にできたばかりのようでした。
GoogleMapsに登録してみたら、今では検索すると自分の写真が出てくるように。

1時間ほど歩いただけでしたが、記憶に残る夏の散歩でした。
(やっぱり季節外れすぎたので、せめて9月くらいに書いておけばよかった)