IMG_4692
20日の低空飛行net月例会に参加された方々、お疲れ様でした。
来月の会は4月17日(月)にあります。今回来られなかった方はまた来月お越しください。


春らしい陽気の一日で、初めての方、祝日しか来られないため久々な方の参加もありました。
4月3日(月)だらだら花見会も一緒に場所取りをしてくれるという人がいて助かります。
詳細は後日、このブログで告知予定です。


仕事も続いていて元気でやっていると思っていた人が、また不調に……という事もあります。
自分も何とか仕事に就けてはいますが、慣れによって可能になる事、できないままの事があり、
やはり期待されるようにはなれないと思う度、静かに歪みが溜まっていくような気もしたり。
行き詰って破綻してしまう前に、小出しにして何とか解消していければ良いのですが。
身に余るものを維持し続けるのは難しい事です。(その感じ方は卑屈と思われるだろうか)

個人的には病気の父親の愚痴も少し話せて良かったです。
カウンセリング以外で話せる機会というのがないので。


会の前半は真面目な話も多く、いかにも"自助グループ"といった雰囲気ですが、
毎回19時以降には徐々に人数も減り、だらだらと時事や趣味の雑談になったりします。

浮世絵というと江戸時代のイメージが強い中、明治後期~昭和初期の 新版画 というのも
モダンで洒落ていて、スマホの壁紙におすすめという話をしたので、軽く紹介しておきます。

吉田博( Wikipedia ): 桜八題 嵐山 / 桜八題 桜門 / 東京拾二題 亀井戸

川瀬巴水( Wikipedia ): 夜の池畔(不忍池) / 馬込の月 / 芝弁天池

土屋光逸( Wikipedia ): 瀬戸内海 鞆の津 / 奈良興福寺 / 名古屋城

名古屋城の絵は1937年なので、国宝だった焼失前の姿です。
今の時代は、高い本を買わなくてもwebで色々と情報を集められるのがありがたいですね。
今ある人間関係も、このブログ等を通して会に参加してもらった事で繋がった縁が多いです。
webのない時代だったらどうなっていたのか、あまり考えたくないです。


駅まで帰る途中、もう21時近いというのに京都から果物を売りに来たという若い人がいました。
怪しげな商売らしい という記事を以前読んだ事があったので無視しましたが、まだあるんですね。
あの人はあの日、売れ残った果物を持って帰ったのだろうか。