IMG_4337
明日20日(月)は2月の低空飛行net月例会があります。
15時~20時半まで、各自都合の良い時間に気軽に覗いてみてください。


IMG_4330IMG_4331
前回の 瀬戸際の街歩き・前編 の続きです。

時刻は15時くらい、次は尾張瀬戸駅から瀬戸川を挟んで南側にある 瀬戸蔵 に向かいます。
橋の欄干には瀬戸焼のオブジェや、ケースに入れられた陶芸作家の作品が飾られていて
焼き物の街らしさをアピールしています。
このケース入りの作品は過去に盗難事件があったと瀬戸在住のメンバーが教えてくれました。


IMG_4332IMG_4333
瀬戸蔵は パルティせと と同じ頃にできた観光施設です。(時期的に愛知万博に合わせたっぽい)
1階が陶磁器ショップやレストラン、2-3階に瀬戸市歴史民俗資料館を移設したミュージアム、
あとは4階までホールや会議室などが入っているようです。


IMG_4334IMG_4335IMG_4336
1階中央にお雛めぐりのメイン、高さ4mの「ひなミッド(正式名称)」がそびえ立っていました。
ぶら下がっているのは古布のつるし雛だそうです。

地元の学生が着色した雛人形も飾られていて、耳なし芳一のような模様が描き込まれているもの、
ドラゴンボールのキャラクターを模したものなど個性豊かでした。


IMG_4339IMG_4341IMG_4342
続いて2階にある瀬戸蔵ミュージアムに入館。

中には昭和40年代の瀬戸電や、旧尾張瀬戸駅が再現されていました。
2-3階をぶち抜いたスペースに、2階建ての建物もそのまますっぽり入っています。

駅の横には瀬戸焼の陶房(モロ)、石炭窯、せともの屋なども再現。
瀬戸の子供は社会科見学でここに来るのでしょうか。


IMG_4347IMG_4348IMG_4351
瀬戸焼のお雛さま地上絵というのがありました。

常滑にもあった登り窯のミニチュアなども。
どちらも坂が多いのは、窯に適した地形の条件のようです。

3階からは旧尾張瀬戸駅を見下ろせます。


IMG_4353IMG_4352IMG_4354
3階では瀬戸3万年の歴史(石器時代から……)を勉強できます。
古墳時代の土器からの変遷や江戸時代の茶器、近代のノベルティまで。
瀬戸在住のメンバー(元陶芸部)の解説があったので、より一層楽しめました。


IMG_4356IMG_4357
一通り見終えたので1階に戻り、陶磁器ショップをひやかします。

良いなと思った天目や紫釉の器は、他の倍くらいのお値段。
でもこんな器で飲む日本酒はきっと美味しいに違いない。


IMG_4359IMG_4360
瀬戸蔵を出て移動中、ノスタルジックな看板を発見。
駐車場の向こう側に次の目的地、 新世紀工芸館 が見えました。

手前にある交流棟から入ると1階はカフェ、2階がギャラリーになっていて
「陶とガラスの雛人形とスイーツのうつわ展」が開催中でした。
梁?が頭をぶつけそうな低い位置にあった記憶。(撮影不可だったので写真は無し)


IMG_4362IMG_4363IMG_4365
交流棟を出ると工房棟があり、ガラス越しに見える作業の様子を横目に展示棟へ。

展示棟は撮影可能だったので、フジツボみたいな花器などを思う存分撮りました。
というか、無料で入館できて監視員もいないギャラリーに直に陶器が置いてあるので
その気になれば全部叩き割るのも容易そうで、セキュリティ的に心配になります。


IMG_4366IMG_4367
ガラス工芸品も展示されています。
この中に模様のある猫の作品が気に入りました。


IMG_4368IMG_4369
観覧後には交流棟1階のカフェで休憩しました。
注文後に作家の器を選べて、それにお茶や珈琲を淹れてくれます。(値段も250円ほどで良心的)
自分は青りんごの紅茶とシナモンドーナツを頼みました。
店内は洒落た雰囲気で、陶芸やガラス工芸の専門書などが常設されています。

お茶を飲みながら世間話や遺跡発掘作業の話など、しばらく歓談しているともう17時半過ぎ。


IMG_4272IMG_4371
瀬戸の人に18時にはもう店が閉まっているかもと言われ、急いで銀座通り商店街に。
かめりあという店の方が特別に店を開けてくれて、何とか少し買い物ができました。

この店の人に限らず、窯のひろばの人も、深川アパートの人も、無風庵の人も、
瀬戸の街には親切にしてくれる人が多く、最近荒みがちだった気分も少し癒されます。


IMG_4372IMG_4376IMG_4375
瀬戸の街の夜は早い。商店街も17時くらいに大体閉まるようです。

駅の隣のパルティせとまで戻り、とりあえずの解散となりました。
パルティせとにはローカルラジオ局もあって、ちょうど放送中だった模様。
残った人で飲食店に入ろうと探すも、ゆっくりできそうな店がなかなか見つからず。


IMG_4377IMG_4380IMG_4381
迷った挙句、瀬戸蔵の1階にあったレストランに行く事にしました。

店内に石窯のオブジェがあったり、テーブルの真ん中に陶片が埋まっていたりと
なかなか雰囲気の良い店で、ミニ味噌カツ丼とミニうどんのセットを注文。
特に瀬戸名物でもなく、味も可もなく不可もなく普通……。

このセットを頼むと瀬戸焼の器(料理が入っているのと同じ物)が貰えるようで、
白字、織部、天目、黄瀬戸、木立のどんぶり・茶碗から好きな物を1つ選べます。
同じくセットを頼んだ同行者が天目を選んだので、自分は織部にしました。
貰ったどんぶりは早速家で普段使いしています。


IMG_4374IMG_4382
店を出て、名鉄で名古屋に帰ります。

今回は事前に考えていた有名所も、無名なB級スポットのような所も楽しめて、
瀬戸の日常の空気や人情も感じられた街歩きとなりました。

帰りの電車内からは満月も見えて、良い一日になったとしみじみ思う。
そんな風に思える一日をこれからも増やしていきたい。
またそのうちどこかに行く計画を立てたいと思っていますので、関心のある方は是非。