IMG_3325
おととい21日の低空飛行net月例会に参加された方々、お疲れ様でした。
来月の、今年最後の会は12月19日(月)にあります。今回来られなかった方はまた次回どうぞ。


IMG_3324
今月もまた天気が崩れたり、工事で入り口が塞がれていたりと逆風の低空飛行でしたが、
初参加の方も4名来てくれて、また20名以上参加の盛況な会となりました。
多ければ多いで、どうしても「あまり話せなかったかもしれない人」がいそうで難しい所です。


はるばる岡崎からひきこもりの会、「ゲートキーパーおじぎ草」の主催者さんも来てくれました。
今年の6月から 岡崎げんき館 で開かれているそうで、色々と話を聞きたいとの事でした。
毎月第3金曜に家族会を、第4金曜には当事者が集まる会を開いているのだとか。
現在公式ブログを鋭意制作中だそうなので、完成したら紹介できるかもしれません。
チラシもいただいたので、また来月の会にも持参します。


最近はなぜか色々な方が意見を聞きに来てくれるので、自分の経験を話す事も多くなりました。
人知れずした苦労が他の誰かの為に活かされたり、感謝されたりするのは報われた気になります。

普段、自分の力不足から自尊心が磨り減るような事もあり、消耗して悲観的になりがちですが、
「自分が役立てていると感じる、敬意が払われる環境」は自己肯定感を回復させてくれます。

困っている人の話を、ただ頷いて聴いているだけでも安心を与えられる、十分に人助けになる。
他者の助けになったと感じられる事が、間接的に自分の助けにもなる。
そのような好循環のある時間がたまにでも生まれるなら、活動を続ける意味はあると思います。


あと、27日(日)には 地域円卓会議@名古屋 に参加予定です。
誰も興味ないかな……と諦めつつ参加者を募った所、何人かで行ける事になりました。


この記事の最初の写真は「 むかしMattoの町があった 」という映画の冊子です。
イタリアの バザーリア法 成立までのお話で、 3月に見に行った映画「精神」 と近いテーマかも。
会でボランティアさんから教えていただいたので、ブログでも紹介しておきます。

20日に 東区の高岳で上映会 があったようで、27日には 大垣市でも上映会 があるようです。
お近くの方、関心のある方は行ってみてはどうでしょうか。


会で話した 大昔の尾張の地図 ですが、さすがに1000年や2000年でそこまで地形が変わるのは
疑わしいので改めて調べてみた所、後世に作られた偽地図の可能性が高いようでした。
昔は熱田神宮の南まで海だったというのは本当です……本当のはずです……。
実際に見た訳ではないし、もしかしたらNagoyaの町なんて本当は無かったのかもしれない……。
歴史も、自分の記憶も、全部が偽物で、5分前に突然植えつけられただけかもしれない……。


IMG_3308IMG_3309
会の前日20日にZINE製作ワークショップがあったので、途中の2時間半ほど参加しました。
真面目に記事を書いてきた人たちとは一線を画す、クレヨンの殴り書きを当日製作して提出。

前に既存カルチャーの文脈から自由な所が同人誌とは違うらしいという事を書きましたが、
今回話を聞いた感じでは、また別カルチャーの文脈が強固にあるような印象でした。
本の編集というよりは図画工作のようで、そういう意味で自由があるように思います。

サンサロサロンのZINEは本日23日の 覚王山古本市 で配布する(した)そうです。
20日に製作された一部がサロンに置いてあり、感想をノートに書いてくださいとあったので
低空飛行の参加者にもお願いしたのですが、「どれもコメントが難しい……」と書いてもらえず。