IMG_8317
ろくに動いていないくせに、何か毎日疲れています。
良くない流れか。


先日、若者支援事業団の会議がありました。 
内容は次のシンポジウムやメーリングリスト、簡単な仕事の話などについて。
新しく進行役に入ってもらい、以前より計画的に進めているようです。


終わってから居場所フランチャイズについての話もしました。
豊田の活動は低空飛行netが提案して進めていましたが、助成金事業に通ったのは
若者支援事業団の方なので、方針の擦り合わせが必要だという事で。

精神医療的な言葉を前面に出さない、自助グループ寄りではなく遊びを入れたいなど、
こちらの当初からの方向性と相容れなくなっていかないか不安ですが……。

「病気持ちでも行っていい場なのか、他にも同類がいるのか見えないのは行きづらい」

「だったら逆に、病気の事が書かれていたら病気の人以外が行きづらくなりますよね?」

こういうレトリックを使われると、マイノリティ的縛りが多いほど反論できなくなる。
前提として立場が非対称ではないか。それを説明したり、説得したりするのにかける
時間的・精神的コストの大きさを考えると、消耗するより「じゃあもうそれでいいです」
と折れる事が多くなる。正論といえば正論だし、もう仕方のない事だと。

何のために始めたのか、基本的な部分が別物になってしまったら意味を失うので、
こちらとして譲れない所は意見して、今の所は折衷案になりそうですが。
まだ話はできそうだし、納得のいく着地点に向かう事を祈りたい。


本当はもっと長く書いてましたが。マイルドに。
もう来週は余計なものは放置して松坂屋美術館にでも行こう。
梶井基次郎の檸檬の読後感みたいな、そんな感じの一日を作る事が今は必要なので。
前にも檸檬の事を書いた気がする。