IMG_6615
今年も、もう閉店間際のような空気です。
前半はストレスが多かったものの、秋ぐらいからは随分楽になりました。


今年から実質、月に2回の会となって不安もありましたが、
低空飛行、だらだら会と、それぞれ頼りになる人がいて、
安定して維持できるようになってきたと思います。

頼る相手もおらず、一人で抱え込むしかなかった
去年や一昨年に比べたら、今年は本当にやりやすくなりました。
来てくれた方々、ありがとうございました。

来年も、階段の1段目よりもなだらかなスロープのような入りやすさ、
いい意味で遠慮がちな距離感の保たれる場であればと思います。



全然関係ないですが、さっき見た記事。

30代、パートのおっさん、ナウ

この人に対して肯定とか否定とか病気を疑うとかは特にないんですが、
読んで最初に頭に浮かんだ言葉は「臆病な自尊心と尊大な羞恥心」でした。

ほぼ文学的思考や哲学的思考などを一通り学んだらしいのに
国語の教科書にも載っていたであろう山月記は読まなかったのでしょうか。

引きこもり的な思考に近いような気もします。
単純にもったいない話です。