低空飛行net

名古屋駅西と高畑で活動するひきこもり・メンタル系自助グループ
低空飛行netのブログです

2018年05月

IMG_0180
5日の低空飛行第2に参加された方々、お疲れ様でした。
来月は6月3日(日)に開催します。今回来られなかった方はまた次回お越しください。


初参加の方、第2の方は初めてという方、半年ぶりくらいに来てくれた方もいて
久しぶりに言葉を交わせて良かったです。

烏森の発達障害シェアハウス、プロ奢ラレヤーなどの話、瀬戸内海を泳いだ人、
 レディ・プレイヤー1 、好きな漫画、イチローについてなど色々と話したような気がします。
咳がまだ治まらないのですが、言われてみれば風邪ではなく気管支炎かもしれないので病院行きます。


あと、来月の低空飛行第2では 蕎麦がき を作って食べる事になりました。

Amazonで調べて「妙に安い粉があるからそれを使おう」という話になりましたが、
安いのは「蕎麦粉」ではなく「打ち粉」(蕎麦を打つ時に下に撒く白い粉)だったようです。
やはり蕎麦粉は安くても1000円くらいするようで、覚悟を決めて注文しておいたので
来月も10人くらい来てもらえると助かります。詳細はまた後日告知します。

ドアノブも一緒に注文したので壊れたままの自宅ドアも修理したい。


IMG_0062IMG_0086
病気の父親の事、津島まで御守りを貰いに行った話もしましたが、6日に永眠してしまいました。
入院後は誤嚥性肺炎になり、ずっと点滴だったので覚悟していましたがこの日が来てしまった。


IMG_0102IMG_0110
「まだ生きている間に何かやっておかなければ」と衝き動かされて津島まで行って、
何もしないよりは良かっただろうか。御守りが渡った時にまだ意識があったのかわからないけど。

最後の最期までわだかまりを残したままで「自分は」納得できるのか?
あまりにも長い時間、解けない固結びがあり、言葉で埋めるには手遅れな距離があった。
その上でも「自分の」納得のために何かしておきたかった。

せめて去年、2人だけで家にいる時間はあんなにあったのだから、何か話しかけておけばよかった。
他愛のない、「子どもの頃に長島温泉に連れて行ってくれたのを覚えてるか?」とか。
会話にならなかったとしても「自分の」後悔をなくすために。


IMG_0151IMG_0152
津島の古い街並みも見所が多かったので、そのうち街歩き日記でも書くかもしれません。
あまり調べないで行ったら、ちょうど 藤まつり の時期だと現地で知った。

まだブログに載せていない写真が2ヶ月くらい前から溜まっています。


IMG_0184rip
2年半前にリフォームして、昔から置いてあった物の大半が部屋からなくなった後も
幼少時からずっと柱に掛かっていた木彫りの掛け物だけはそのまま残っていたので、
これだけは特別な物なのだろうか?と裏を見てみたら結婚記念の品らしかった。

先々週に転院して、せめて今月24日まで生きてくれればと思っていたけど叶わなかった。

今年は20ヶ所以上、色々な神社に行って牛も撫でたんだけど、苦痛は軽減できたのだろうか。
自分の分しかできないのかもしれない。
届かない事ばかりしている。


IMG_9920
5月になりました。5日(土・祝)は14時から高畑で 低空飛行第2@高畑 をやっています。
時間のある方は気軽にお立ち寄りください。


一昨日から風邪を引いたみたいでまだ咳込んでいます。
不思議なのは、その前の土日は家に引きこもっていたのにどうやって感染したのか……。

ただでさえ風邪でふらふらしているのに、部屋のドアノブが壊れて自室に入れなくなり、
工具を持ち出して3時間以上も試行錯誤したり、窓から入ったりで酷いGWを過ごしています。
ドアノブは分解した感じ、自分で付け替えできそうなのでネットで部品を買ってやってみる予定。


IMG_9889IMG_9890
先週は 彩樹丸の内 で、午後の作業の代わりに名古屋城に行ってきました。
GW(5月6日)を最後にもう天守閣には入場できなくなり、来年には取り壊されるらしいです。


天守を見る前に本丸御殿に行きました。一昨年の街歩きと昨年の夏祭り以来なので3回目。
部屋による天井の違いがあって「黒漆塗り二重折上げ小組格天井」は非常に豪華な造りなのだとか。


IMG_9891IMG_9894
御殿内では 木目込人形 展をやっていて、ちょうど最終日を観覧できました。
詳しい人の話だと、人形と服を個別に作るのではなく、人形に彫った溝に布を嵌め込むらしい。


IMG_9897IMG_9898
忍者隊の人はスマホが向けられるたびに何度もポーズを決めていてプロ意識高いと思いました。

今の名古屋城を入り口から見上げられるのもこれで最後。
生まれる前からあったものがなくなってしまうというのは喪失感が大きい。


IMG_9907IMG_9910
この博物館みたいな城内も見納めです。
名古屋城入場最終日まで 特別陳列「名古屋城の名品」 展をやっています。
残り数日しかないですが、関心のある方は最後に見に行ってみてはどうでしょうか。


IMG_9902SDSC_1471
最上階の、このエメラルドグリーンの屋根越しに見る景色ともお別れです。
「軽量で耐久性のある銅板瓦を使うと経年で緑青色になる」と神社を調べている時に知りました。
木造で再建されても最初のうちは10円玉みたいな屋根色で、名古屋城らしくないと言われそう。

あと売店の上に尾張藩主の歴代年表なんていうものがあったと初めて気付く。


IMG_9906
最後の記念に何か買っておこうかな……と土産物コーナーを何気なく見ていたら
小学校低学年の頃、確か初めて名古屋城に来た時に買ってもらった温度計付きペン立てを見つける。
この何ともいえないダサさ……モデルチェンジもせずに何十年も同じ物を売っているのか。

当時の記憶は完全になくなっていても、家の机上で何年も埃をかぶっていた物は覚えている。
「モノより思い出」というけど、思い出というのはモノにこそ強く結びつくのかもしれない。
あまりにも不意打ちだったので懐かしさでしんみりしてしまう。


IMG_9914IMG_9917
現地解散との事で、この後は病院の予約もあったので先に抜けさせてもらいました。

天守の北側には、なぜか出雲にあった 団原古墳 の石室があります。
Wikipediaには経緯不明とありますが、学芸員に問い合わせて 経緯を調べた方のブログ記事 が。


IMG_9919IMG_9921
堀の中に重機が入っていたり、城の南西に新しい施設を建てていたり。
名古屋城の中身を移設する資料館みたいなものだろうか。


IMG_9923IMG_9926
浅間町駅まで歩いて鶴舞線で病院に行く事にする。
名古屋城正門から出て西に進み、 美濃路 を歩きました。


IMG_9928IMG_9929
浅間町という地名の由来になった冨士浅間神社に少し立ち寄ってみた。
駅は通院ルートで何年も通っているけど、神社に来るのは初めてです。
名古屋城を築城する際に東桜の辺りから一時移動したはずが、完成後もここに残ったらしい。

とりあえず参拝して急いで地下鉄に乗り、何とか病院には間に合いました。


↑このページのトップヘ