低空飛行net

名古屋駅西と高畑で活動するひきこもり・メンタル系自助グループ
低空飛行netのブログです

2018年01月

IMG_7648
2月4日(日)は 低空飛行第2@高畑 がありますので気軽にご参加ください。
今回は1月27日に行った街歩きの報告をします。


IMG_7573IMG_7575
この日は来られなくなった方々もいたものの、5人での街歩きとなりました。
名古屋駅で待ち合わせて柳橋に向かいます。
途中にある公園は整然としていて都会的な感じです。


IMG_7576IMG_7578
東に歩くと、段々と雑然とした街並みに。
ここが100年以上の歴史がある 柳橋中央市場 です。


IMG_7579IMG_7580
魚臭い市場を進むと「 シルバ the マルシェ 」が見えました。
カウンター席が3つのみ?と思ったらカウンター横から奥に入れるようで、
テント内のようなブースに案内されました。


全員がマグロカツを乗せた柳橋ブラックカレーを注文。
真っ黒いカレーはスパイシーで魚粉で味変でき、カツは衣がサクサクで中のマグロはレア、
福神漬けの代わりにガリが添えてあったりと、味も美味しく面白い一品でした。

店員も「寒い方、ブランケットはいかがですか?」と勧めてくれたり、
物腰柔らかで感じの良い接客で好感が持てます。


IMG_7584IMG_7585
昼食後は市場をぶらぶらして水槽を泳ぐフグやカニなどを見たり。
他にも飲食店が何軒もあり、天ぷらとワインの店は人気のようで外に待ち客もいました。


IMG_7586IMG_7587
市場を出た所にある酒屋に。
河童九千坊 という焼酎のラベルが気に入りましたが、さすがに重い瓶を持ち歩けないので買えず。


IMG_7589IMG_7590
更に別の酒屋も梯子しました。
飲み屋街には品揃えの良い酒屋があって、見て回るのは結構楽しいものです。
(飲まない人は化粧品売り場に付き添う男性のような気持ちだったかもしれない)


IMG_7596IMG_7598
そのまま北に歩いて円頓寺本町商店街に。
まだ一部に雪が残っていたり、路面も凍っていたりと寒さ厳しい日でした。
昼飲みしている人たちが羨ましい。


IMG_7599IMG_7600
高速を挟んで西側が円頓寺本町商店街で、堀川側の円頓寺のある方が円頓寺商店街らしい。
人通りもまばらなアーケード街にはまだクリスマスっぽい飾り付けが残っていました。
七夕まつりやクラフトマルシェなど、イベント時は賑わうようです。


IMG_7602IMG_7605
昭和風情の漂う店が並んでいてついつい覗いてみたくなりますが、
今回は商店街を散策目的ではなく通り道として来たので、そのまま東に向かいます。


IMG_7607IMG_7608
高速道路下の交差点には三英傑+1人の像があります。
家康像が檻に入れられているようで何か面白かった。

信長、秀吉、家康の三英傑は愛知県繋がりでわからないではないけど、
水戸黄門( 東野英治郎 版っぽい)は円頓寺とは縁もゆかりもないような……。


IMG_7613IMG_7617
交差点を挟んだ東側は円頓寺商店街です。
レトロな店とお洒落な店が入り混じっていて、 カブキカフェ には女性客が並んでいました。


IMG_7618IMG_7620
五条橋を渡って丸の内駅に向かいます。
この辺りは 清洲越し で清洲から移ってきた街ですが、この五条橋も清洲城の前を流れる
五条川にかかっていたものを移築したらしい。そうだったのかー。


IMG_7623IMG_7625
丸の内駅から鶴舞線に乗り、庄内緑地公園駅で降りて コミュニティカフェかかぽ に。
伊奴神社とどちらを先に行こうか迷いましたが、閉店時間が早いこちらを先にしました。


チョコベーグルとハーティージンジャーのセットを注文。
中には結構どっさりチョコレートが、ジンジャーのお茶も冷えた身体を温めてくれます。


IMG_7624IMG_7626
社団法人しんの中山さんから スピーカーズビューロー の説明も。
行けたら行きたいので、前日に病院の予定が入らないよう調整しなければ。


この日はかかぽの2階で 心聴サロン をやっていました。
主宰している方が低空飛行netの初期から3年ほど手伝ってくれた方なので
挨拶をしておかねばと覗いてみました。
心聴サロンは毎月2回(第2木曜と第4土曜?)やっているそうです。

低空飛行netも初期の頃は自分とその方の2人だけとか、3~4人の時期もあったので
色々と感慨深いものがあります。
今度のスピーカーズビューローでは司会もされるそうなので応援したいと思います。


IMG_7628IMG_7632
かかぽを出て、一駅分移動して庄内通駅から伊奴神社に向かう予定でしたが、
何となく庄内川橋を越えて徒歩で行く事になりました。


写真は駐車場の中にあった宗教施設?(ネットで調べたけど情報がありませんでした)
橋からは昼に歩いた名古屋駅のミッドランドスクエアやスパイラルタワーが見えます。


IMG_7633IMG_7634
天気は良かったのですが、川からの風が冷たいので他人を風除けにする陣形で橋を渡る。


橋を越えた先にある公園には「楠公父子之像」という楠木正成と息子の像が。
何でこんな所に?と不思議でしたが、 桜井の別れ をモチーフにした像は
戦前・戦中頃に全国で作られたようです。


IMG_7636IMG_7640
あとは庄内用水沿いに東に歩いていけば目的地に着きます。
途中、昔行った事があるラーメン屋が。


IMG_7642IMG_7654
やっと 伊奴神社 に着きました。
初詣シーズンも過ぎて参拝客も多すぎず、少なすぎずで落ち着いています。


IMG_7645IMG_7646
本殿の前には犬の王が。
白く積もっているように見えるのは雪ではなく、いぬみくじの置き物です。
いぬみくじは2月まで入荷待ちで引けなかったのが残念。


IMG_7644IMG_7647
本殿の隣には絵馬殿があり、大きな犬の絵馬が展示されていました。
御守りなども犬がいっぱいです。


IMG_7643IMG_7650
病気平癒の神様はもう2週間くらい前に来たかった……。
樹齢800年の御神木にも金運・勝運・心願成就を祈願する。


IMG_7651IMG_7653
稲荷社でおもかる石も持ち上げておきました。
決して大きな神社ではないですが、見所がたくさんあって満足度が高かったです。


IMG_7656IMG_7657
門を出て3区間くらい離れた所に一之鳥居がありました。しかし立ち入り禁止。
暗くなってきて寒さが厳しいので、最後に庄内通付近の店で食事をして解散しようと歩きます。


IMG_7659
目的の店に着きましたが、開店時間を過ぎているのに「やっとらん」の看板が。
電気は点いているので店主に聞いてみると、昼に近所の引越しやらで予想外の大繁盛だった、
材料が切れてしまったので別の日に来てくださいとの話でした。


これ以上歩く体力も気力もないよ……と何とかバス停まで歩いて寒空の下でバスを待つ。
今度の街歩きは屋内にしよう、街座りにしようと話しました。


IMG_7664IMG_7665
地下鉄で伏見に行き、有名な老舗居酒屋に入りましたが
土曜は20時閉店らしく、既に残り1時間くらいだったので料理がほとんど残っていない。


本当だったら今頃「牛肉湯麺」を食べていたはずなのに……。
前回あの店に行ったのはもう4年前だった


IMG_7667
不完全燃焼なまま解散した後、まだ食べ足りなかった1人とラーメン屋に。
結局この日は帰りのバスも20分くらい待って、寒さの中18000歩もあるいていたので
翌日は疲れて夕方まで寝ていました。

このブログの報告もかなり端折って書いたのに長くなってしまいました。
柳橋市場と円頓寺商店街だけでも1話分くらいのボリュームがありそうです。
今年の抱負「できるだけ無茶苦茶やる」というのは守れたかもしれない。


IMG_7460
洒落にならないくらい寒いですが、明日は街歩いてきます。
皆様も風邪などひかぬよう体調に気をつけてお過ごしください。


今のうちに2月4日(日)にある2月の 低空飛行第2@高畑 のお知らせを。
毎月お菓子を食べつつどこかに行く予定を立てたり、おすすめの動画などを観たりして雑談する
定例会よりも比較的ゆるめな集まりです。2月は前回余った甘酒をまた持っていく予定。

第2の方はまだ参加した事がないという方も、一度どんな感じか覗いていただければと思います。
初参加・見学希望の方も歓迎です。お気軽にお問い合わせください。


IMG_7465
今日は 昨年チームメッセンジャーで体験を話した時 に関心を持ってくれた学生さんから
インタビューの申し込みがあり、40分ほど話をしました。
「人間関係学部ってどんな学部なんですか?」とか逆にこちらから質問もしたり。

これまでの自分の経験、考えた事が、将来福祉に携わる(かもしれない)方の役に立つとしたら
無駄に思えた時間もいくらか報われるような気持ちになります。
自分にできる事で、何か少しでも社会に貢献していきたいものです。


IMG_7065
この1週間は静養していて全然外に出られなかったので古い写真しかない。
今回は週末の街歩き告知をしておこうと思います。


内容低空歩行・伊奴神社街歩き

日時1月27日(土) 12:30 - 暗くなるまで

場所:名古屋駅周辺、 伊奴神社 など(雨天の場合は屋内で過ごせる場所に変更予定)

参加費:なし、一緒に食事をしたい方は別途食事代が必要です

その他:途中参加、途中離脱可

連絡先lowflightnet@gmail.com


とりあえず、 柳橋ブラックカレー を食べた後にぶらぶらと伊奴神社に向かう予定です。
(メールで教えてもらったのですが、いぬみくじは2月4日まで品切れ中かもしれません)

一緒に歩いてみたいという方は、前日までに連絡いただければ待ち合わせ場所をお伝えします。
「カレーだけ食べて帰る」「昼食後の街歩きに1時間だけ付き合う」といった参加もありです。
気軽にお問い合わせください。


IMG_7367
特に記事内容とは関連のない 彩樹丸の内 のビルです。
大津橋のバス停すぐ横にありますよという位置確認用に撮ってあったもの。


もう1週間患っている 帯状疱疹 ですが、昨日くらいからやっと一部がかさぶたになってきました。
今日は寒いからか、痺れと刺すような痛みがあるので神経痛は残っているよう。

13日(土)に湿疹が出てきて15日朝に病院に行くまで、日曜を挟んでしまったため
その分進行してしまったのが不運でした。
16日には10時間以上痛みが続いて、人生で2番目の激痛だったかもしれない。(1番目は結石)


早い段階で投薬するほど軽く済むようなので、皆様も身体の片側にだけ変な痛みが続く、
ブツブツが出てきたという場合はできるだけ早く病院に駆け込むようにしてください。
(市販薬では効果がありません)


IMG_7395
15日の定例会に参加された方々、お疲れ様でした。
来月は2月19日(月)を予定しています。今回来られなかった方はまた次回どうぞ。


この日は午前中に病院に行って 帯状疱疹 と診断され、薬を飲んでそのまま定例会に。
初参加の方が5名と多く、 名古屋市ひきこもり地域支援センター の方も見学にみえて
忙しい1日でしたが、参加者の協力のおかげで何とか乗り切れました。いつも助かります。
甘酒も10人分では足りなかったかもしれませんが、好評で良かったです。


交流で消耗する人、元気をもらう人の違い、急な予定変更と事前のパワー配分について、
正月はどのように過ごしたか、駅伝はどこを楽しめばいいのか?など色々と話をした気がします。


IMG_7396
スピーカーズビューロー の告知や、13日にあった 詩の朗読会 に参加した方の感想なども。
「一昨年あった 1回目のスピーカーズビューローは行きました よ」と話したのですが、
当時の記事を探してみたら一昨年ではなく2015年でした。そんなに前だったっけ……。


あとは西区の 伊奴神社 街歩きについて、27日(土)に行く事になりました。
自分の病気がその時までに治っているか多少不安もありますが、詳細はまた次回告知します。


朝から病院に行き、会を終えて帰宅したのが22時頃だったのでかなり疲れた1日でした。
帯状疱疹も悪化したのか翌日まで酷い激痛で、ストレスや疲労って本当に免疫力が下がるんだなと
身をもって確認できました。激痛が続くと神経が損傷して後遺症が残るらしいので静養したい。


IMG_7372
いるのは病人である。( マタイ9:12 )
明日15日(月)は15時から低空飛行net定例会をやっていますので、病める人も気軽にどうぞ。


前回、左わき腹の痛みで病院に行ったと書きましたが、その時は血液検査の結果は翌週に出る事、
病気がわからないので薬も出せないと言われてそのまま帰らされました。
金曜にメンタルクリニックの院長に「もっと大きい病院でも診てもらった方がいい」と
日赤の紹介状を書いてもらったので、月曜は定例会の前に行っておこうと思います。

昨日は湿疹まで出てきて(これ本当にあかんやつでは……?)と嫌な汗が出ましたが、
発熱や嘔吐はなく普通に歩いたりできているし、一応医者がレントゲンやら調べたのだから
本当に致命的な疾患だったらあの時点で見つかっているはずだと信じたい。

何か身体に異常を感じた時は、最初から最新設備のある大きい病院に行った方がいいですね。
入院中の父親も容態が良くないらしい。
明日の定例会では、健康についての話もできれば。


IMG_7371
話題を変える。
 彩樹丸の内 から駅まで、周辺を少し散策してみました。
すぐ近くには愛知県庁大津橋分室があります。1933年に造られた建物で、
1階に 愛知・名古屋 戦争に関する資料館 が、2・3階には アートラボあいち が入っています。


この記事最初の写真は、名古屋城の外堀の中にあった大津町駅跡です。(今は階段しかないけど)
元々は瀬戸の陶器を堀川で船に積み込むための貨物路線だったらしい。


この「お濠電車」は40年くらい前までは走っていたようです。
堀に沿って直角のカーブがありますが、電車が曲がりきれないため石垣の角が削られたのだとか。


IMG_7374
現在、堀の中はヒメボタルの生息域になっていると看板がありました。
隣を走る高速道路の照明も、このホタルの生息域に当たらないよう配慮されているようです。


↑このページのトップヘ