低空飛行net

名古屋駅西で活動するひきこもり・メンタル系自助グループ
低空飛行netのブログです

2014年03月

蓮を食う人

IMG_7277
もう3月も終わりです。
4月は来週3日にだらだら読書会(仮)、21日に低空飛行の会があります。


先週薬を変えたり、友人が入院したりがあったからか、また眠れなくなってきて
昨日は久しぶりに一睡もしないで病院に行きました。

有名なレム睡眠とノンレム睡眠というのがありますが、普通はノンレム睡眠から
睡眠に入るのが、不眠の人はレム睡眠から始まってしまうので眠りが浅く、
金縛りにも遭いやすくなるらしいです。寝る前によくなります。
幼稚園の頃から眠れず、親に怒られないよう寝たふりをしていた記憶があるので
そういう体質なのかもしれない。

しかし、眠れないのは地味だけど消耗が大きいので困ります。


野菜肉野菜肉野菜

IMG_7251
土曜のアヤ会さんでミルフィーユ鍋(正確には中尾鍋らしい)を作りました。
蓋がないのでまな板で押さえつけたり。簡単で美味しいのでおすすめです。


アヤ会さんには低空飛行netで誘った人や、年末ぶりの人の参加もありました。
次回は5月頃を予定しているそうです。

来週はまた少し忙しくなりそうなので、今週は消費税の増税前に買い物でも
しておこうと思います。値段下がらなさそうな物などを。


今週末の土曜にはサンサロミーティングがあります。
(ブログには間違えたのか日曜と書いてありますが、29日の土曜です)
もし時間があったら覗いてみてください。
毎週のように何かお知らせをしていますが、正直なところ第3月曜の会以外は
無理に参加しなくても全然大丈夫
です。額面どおり、暇だったらお越しください。


ついでに、先日少し話題にしたひきこもり記事の紹介を。

40歳代が最多、中高年「引きこもり」層が53%に 島根県調査が浮き彫りにした日本の向かう未来|「引きこもり」するオトナたち|ダイヤモンド・オンライン

10年前は30代が最多だったそうで、それがそのまま繰り上がったようです。
そういった"層"が社会との繋がりを失わないよう、当事者グループのような
場の果たす役割は重要になっていくのではないかと思います。


春分のだらだら告知

IMG_7242
美形の猫がいました。燃料が切れてきたので来週は少し休息したい。
来月のだらだら会(仮)告知をしておきます。


日時4月3日(木) 15:00-20:30くらい

場所サンサロ*サロン

参加費:300円~(料理を作る場合、追加で材料費が200円ほどかかります)


だらだら会(仮)とは低空飛行netのおまけ版で、毎月始め頃にやっています。

第3月曜日の参加が難しい方、間があいてしまった方、少人数の方が良い方、
ゆるい雰囲気が好きな方、暇だから月2回会いたい方……など向けの会です。

メンバーからだらだらした企画を出してもらい、実現していけたらと考えています。
アルコールの持ち込みも可なので、そういう場が苦手な方は第3月曜日にどうぞ。



今回はだらだら読書会を予定しています。
おすすめの本を持ち寄って、お茶を飲みながら紹介しあう感じで。
小説でも、専門書でも、漫画でも、自作同人誌でもOKです。
読む専門でも構いませんので、特におすすめがない方は手ぶらでどうぞ。


そろそろだらだら会(仮)が謎の集会のようになってきたので説明を作りました。
月1の会だけではタイミングが悪いと2、3ヵ月あいてしまう事もあるので、
もう1回おまけの会があると助かる人もいるのではないかなと。

低空飛行netよりも実験的な事ができる場にしていけたらいいのですが。
何かアイデアあれば、気軽に出してもらえると面白くなるんじゃないかと思います。


年度末の低空飛行

IMG_7233
昨日の低空飛行netに参加された方々、お疲れ様でした。
来月は4月21日にありますので、今回来られなかった方はまたその時に。


昨日は新しい参加者1名と、新しいボランティアさんが来てくれました。

事前にサンサロサロンの場所を下見するなどしてくれたけど、
当日やっぱり参加できなくなってしまった人もいました。
前にも書いた事がありますが、「当日来られないのが普通」な人の集まりなので
こちらも慣れていますし、安心してまた調子の良い時にお越しください。 


会では来月18日にフレンドシップなでしこさんに見学に行こうという話が出ました。
昨日は参加できなかったけど一緒に行ってみたい!という方は連絡ください。


ついでに今週末の22日にサンサロ仲間のアヤ会さんが久しぶりにあります。
そちらも、もし興味ある方いましたら連絡ください。


そんな春の日でした。


古いアルバムの中に

IMG_7210IMG_7217
病院帰りに台湾の独特な牛肉湯麺を食べに行きました。
明後日17日の会は15時から開けていますので、都合の良い時間にどうぞ。 


卒業シーズンになると中学時代のKの事をよく思い出します。 

Kとは小学校が別で、中学三年間に同じクラスになった事もなく、
一年の時に部活が一緒だったという程度の仲でした。学校外で遊ぶほど
親しくもないけど、体育の授業や廊下で会った時なんかはふざけ合ったりする。

そんなKと、中学の卒業式が終わった後に何となく同じグループで帰る事になり、
他愛ない会話をしながら互いの道が分かれる所まで一緒に歩きました。


(他のよく遊ぶ連中とは高校に行っても付き合いは続くだろうけど、
Kとはそんなに親しくもないし、連絡先も知らないから、もう会う事はないかもな)

(もう二度と会わないと分かっている別れって、死別するのと同じようなものだな)


「じゃあ元気でな!」と手を振る後ろ姿を見送りながら、そんな事を考えました。

その後、よく遊んでいた連中とも高校までは縁が続いていましたが、
やっぱり環境が変われば疎遠になるもので、自然と会わなくなっていきました。
まあ、小中学校の頃だと、自分で選んだ環境での付き合いじゃないですしね。

もういつが最後だったのかも思い出せない「続いていくはずだった連中」よりも、
(これが最後だろうな……)と思いながら見送ったKの後ろ姿の方が、
いまだに鮮明に記憶が残っているというのは何か不思議なものだなと。


こういった会をやっていても(これが最後だろうな……)と思う事はよくあります。
一期一会だと思いながら人と接する方が、多少丁寧になって良いかもしれません。

今回、ちょっとした短編みたいな感じで思い出話を書こうと思ったものの、
やはりそれらしく構成するには文才が必要なのだと思い知りました。


 
最新コメント
記事検索
よかったら押してください↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ
PV
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ