低空飛行net

名古屋駅西で活動するひきこもり・メンタル系自助グループ
低空飛行netのブログです

7月の低空飛行と第2

IMG_5605
来週17日(月・祝)は7月の低空飛行net月例会があります。
初参加・見学を希望する方は こちら に目を通してから一度ご連絡ください。


今まで定例会、低空飛行第2に一度でも参加した事のある方は連絡不要です。
いつも通り、話すのが苦手な人は黙って座っているだけでも大丈夫な集まりとなります。
(話を振られたくないという方は、自己紹介時に「今回は聞くだけで」と申告してください)

今月は海の日の開催ですので、久々の方も買い物ついでにでもふらりとお立ち寄りください。
こちらで飲み物も用意しますが、暑い日は早めになくなる可能性もありますので
自分用のペットボトル飲料、水筒等を持参すると安心かもしれません。
よろしくお願いします。


IMG_5627
昨日9日(日)は 低空飛行第2@高畑 の1回目でした。
 彩樹高畑 の方や、低空飛行net関連に初参加の方も2名来てくれたりで色々話ができました。


来月は8月11日(金・祝)、山の日にあります。
場所がわからない方は高畑駅1番出口まで迎えにいく事も可能ですので、気軽に聞いてください。
途中から来たり、帰ったり、ご飯を買いに行ったりしても大丈夫なゆるい感じでやっています。


IMG_5629
地域の水や明晰夢の話をしたり、マリオカートで対戦したり、結構楽しく平和に暮らしました。


街歩きは「どこに行きたいか」から始めると、 桃太郎神社 の面白エピソードなどに脱線して
そのまま永久に決まらなさそうなので、やはりあらかじめ候補地や日時などを
ある程度は絞っておかなければと思いました。

話題に出した、岡崎にあるクラフトビールとシカゴピザが美味しそうな店
 Izakaya Ja Nai!!(イザカヤジャナイ) にもいつか行ってみたいので、また話ができれば。


最初に企画して1ヶ月も経たずに始まった急ごしらえの低空飛行第2@高畑でしたが、
参加者を始めとして様々な方の協力のおかげで何とか無事に初回を終えられました。
これからも気楽に入れて、他ではあまりできない話題も話せる場を維持できればと思います。

個人的にやらなければいけない事も多く、今週も新しい事があるため
なかなか気が休まりませんが、一つ一つ平常心でクリアしていきたいものです。


台風放題時間制限あり

IMG_5567
9日(日)には7月の 低空飛行第2@高畑 があります。
もし14時ちょうどに開いていなかった場合は部屋の前で少しだけお待ちください。
会場には(一応)相談室もありますので、相談したい方もお気軽にどうぞ。


都心部からはやや遠い会場になりますが、地下鉄高畑駅のすぐ近くなので歩行距離は減るはず。
のんびりとお菓子でも食べながら、参加した方々の近況を聞いたり、趣味を語り合ったり、
街歩きの計画などを立てたりできればと思います。
初参加の方も何名か来られる予定ですので、簡単な自己紹介の時間は挟むつもりです。

遊びの会とはいえ、低空飛行netの活動ですので安心して話せる場の維持にご協力ください。
頭ごなしに否定したり、しつこく連絡先を聞くなどする人は普通に〆ますのでお願いします。


IMG_5598
台風の日に食べ放題・飲み放題に行きました。
食べ放題といわれても、思ったよりも食べられなくなってしまった気がする。
人生について話したような、話してないような、そんな一日でした。

どうでもいい延滞料金を払い続けるような感じで無駄な時間を払い続けていないか、
気をつけていないと払ってしまっている事もあるので、定期的な見直しは大切です。
お金と違って若い時間は増えないですし、戻ってこない。


長い付き合い

IMG_5439
7月になりました。子供の頃から親しんだカールおじさんとの別れも近づいてきます。
蒸し暑い日が続きますが、皆様も熱中症にはお気をつけください。


先週は、院長の健康上の理由で半月ほど休院していたクリニックに1ヶ月強ぶりに行きました。
多少痩せられたように見えたものの、元気そうな姿を確認できて良かったです。
面白おかしく話を聞いて、最後に「身体を労わってください」と患者が医者に言って帰るという。

臓器というのはスタート時点で備え付けられた1つか2つしかないものを
労わりつつ、繕いつつ、騙し騙しでも最後までずっと使っていかなければいけない。
そう考えると難度の高いゲームです。自分もいい歳になってきたし、気をつけていかなければ。


臓器のかけがえなさに比べれば、人間関係というのは失われても致命的というほどではないはず。
(同じではないにせよ)代わりのきくパーツで埋め合わせる事もできなくはないですし。
環境も関係もスタート時点からどんどん変動していくものだし、自分で選ぶ事もできるのだから、
狭い世界の中での対人トラブルを宿命のように考えてしまう必要は無いのだ。
そういう風に考えてみて、少し気が楽になる事もあります。


わざわざ失われても致命的でないとか、代わりのきくパーツというような書き方をしましたが
長い付き合いになるほど、自分の社会生活に必須の、始めから備わっていた臓器のように
思えてきたりもします。自分のためにも長生きしてもらいたいとか。


最新コメント
記事検索
よかったら押してください↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
カテゴリ別アーカイブ
メッセージ
PV
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ