低空飛行net

名古屋駅西と高畑で活動するひきこもり・メンタル系自助グループ
低空飛行netのブログです

IMG_2243
殺人的な猛暑が続きます。
水分と塩分をこまめに摂り、涼しい所にひきこもってお過ごしください。


昼の暑さは仕方ないとしても、夜まで30度近くあるとエアコンの無い寝室ではつらい。
十分に眠れないまま大量の汗をかいて目覚めるので日に日に体力を削られていきます。


IMG_2201IMG_2200
先週21日に有松に行ってきたので今回は報告を。(また長いので関心ある人だけ読んでください)
連日の猛暑のせいか体調を崩して来られなくなった人もいて3人旅になりました。

有松へは鳴子北駅のバスターミナルからバスに乗っていきました。
ここは桜通線のマイナーな駅で、周辺には山とファミマしかありませんが緑区攻略の要所です。
駅自体の所在は天白区で、隣りにある池の辺りからが緑区になるようです。


IMG_2202IMG_2203
西有松(東)という西なのか東なのか混乱しそうなバス停で降りる。
「新しい刺激がないと脳が衰えるらしいので、なるべく行った事のない場所に行くようにしたい」
というような話をしながら歩きます。


バス停から少し北に行くと旧東海道の一里塚があり、ここが 町並み保存地区 の西端となっています。
すぐ横を現代的な高速道路が走っていて、ここを境に街並みが一変しているのが面白い。


IMG_2204IMG_2206
東を向くと有松の古い街並みになります。
東海道の 鳴海宿 と 池鯉鮒宿(知立) の間で旅人の土産物として有松絞りを考案して栄えたらしい。
土日だし観光客もそこそこいるかと思っていましたが、猛暑のせいか人があまりいませんでした。

まずは踏み切りの先にある有松天満社に行ってみます。


IMG_2207IMG_2210
境内は木々で鬱蒼としていて、鎮守の森といった風情です。
15時くらいの一番暑い時間帯でしたが木陰に入ると比較的涼しい。
セミの声に囲まれながら、汗を拭いつつ石段を上ります。


IMG_2211IMG_2212
長い石段の先には広場があり、その更に一段高い所に本殿があります。
本殿の近くには菅原道真を祀る天満宮によくある、鷽(うそ)や伏せ牛を見かけました。

夏祭りの夜には石段に灯りがともって、この広場には出店が並ぶのだろうか。
とても雰囲気の良い神社だなと思う。


IMG_2215IMG_2216
この神社の旗も有松絞りなんだろうか?

また踏切を渡ってメインストリートの方に戻ってきました。
暑いので建物の影になっている所を選んで歩きます。
この日は最高気温36.5度、耐えられないほどではない気温でした。(連日暑すぎて感覚がおかしい)
翌日は39.5度だったので1日ずれていたら街歩きどころではなかったかもしれない。


IMG_2217IMG_2218
岡家住宅、竹田家住宅など市指定有形文化財に指定されている建造物が建ち並んでいます。
「あー、この連子格子と海鼠壁はたまらないね、2階の虫籠窓の塗籠造りも見事だよねー」
というような会話がある訳もなく、普通に案内板を眺めてパシャパシャ写真を撮って通り過ぎる。


IMG_2221IMG_2223
同行者が事前にチェックしていたらしい 有松絞りを使った革製品店 も覗いてみました。
革財布をオーダーメイドすると半年かかるそうですが、お値段は5桁円で収まるのだろうか……。

古い薬局の店舗を使った 観光案内処 が昨年できたのですが、今年3月で閉鎖してしまったようです。


IMG_2224IMG_2235
駅前の県道が交差する辺りは交通量も多く、古い街並みも一時途切れます。

県道を渡ってすぐの所に 神谷半次郎邸の蔵を使った手作りパン屋 が見えてきました。
そろそろ暑さも避けたいし、遅めの朝ごはんを食べたきりなので休憩する事に。


IMG_2225IMG_2233
神半邸の中には日本料理店もあって、共通の入り口になっている引き戸をがらがらと開けて
日本家屋の中に入っていくのは結構勇気が要るかもしれない。

石窯焼きで素材にもこだわっているという手作りパンは少々お高め。
パン2つとドリンクで1000円以内だろうと思ったら、外税表示だったようで微妙に超えていました。


IMG_2226IMG_2231
2階や中庭がイートインスペースになっているので買ったパンを食べながら休憩できます。

石窯の横の階段を上って2階に来ると先客もおらず、一部屋貸しきり状態でした。
壁紙も有松絞りっぽい。


IMG_2227IMG_2230
オーブントースターも置いてあり、セルフサービスでパンの温めもできるようです。

自分はコーヒーと栗のパン、いちじく胡桃パン、自家製ジンジャーエールにしました。
コーヒーと栗パンは結構ほろ苦く、栗の自然な甘さとよく合っています。
いちじく胡桃パンはいちじくのプチプチと胡桃のコリコリした食感が癖になる。
ジンジャーエールも生姜が辛くて、それぞれ素材の味以外の余計な甘さなどがなくて美味でした。


夜には有松で食事をしてから帰ろうと考えていましたが、この時間にパンを食べてしまったら
もう炭水化物は入らないので、飲んで串焼きをつまむくらいにしようかという話に。
綿密に予定を決めないで、ふらっと目に付いた店に入ったりするのが低空歩行の醍醐味です。


IMG_2236IMG_2237
店を出て、熱気に挫けそうになりますが、また古い街並みを眺めて歩きます。

レトロなホーロー看板が目をひく駄菓子屋がありましたが、4月で閉店してしまったようでした。
「ばっちゃんは体が弱くなってお店を続けられなくなりました」という張り紙が寂しい。

有松には ホーロー看板館 という個人運営の資料館もあるようでちょっと興味があったのですが、
平日のみの開館で電話予約が必須というハードルの高さに諦めました。


IMG_2239IMG_2242
江戸時代建造の井桁屋も見ました。
仕切りのようになっている、一段高い屋根のついた部分が卯建(うだつ)です。
元々は火事が燃え移らないための防火壁だったのが、次第に装飾的な意味合いが強くなり、
卯建を高くできるのは金持ちの家、出世できない=うだつが上がらないという慣用句が生まれたとか。


四畳半くらいのトタン小屋は「かつて切手屋だった小屋(正式名称)」というボックスギャラリーで、
30年ほど前まで切手屋として利用されていたのを2015年に内装だけ改装したらしい。
その気になれば蹴りだけで破壊できそうです。


IMG_2246IMG_2248
山車会館では布袋車が整備されている所を見る事ができました。

旧東海道の道標には大府行きと書いてあります。
行きに乗ってきたバスで終点まで行くと大府市との境界辺りに着きます。


IMG_2255IMG_2257
旧東海道の古い街並みを西から東まで一通り見て、現東海道の国道1号に出る。
長くなりすぎたので省きましたが、載せた写真以外にも建物とか歌碑とか色々ありました。

交番も屋根のついた日本家屋風なのが面白かった。


IMG_2258IMG_2260
交番だけでなくローソンも野田塾も屋根がついてました。
国道1号は車ばかりで日陰も少なく面白味もないので、ペットボトルのお茶を買って有松駅方面に。


IMG_2267IMG_2268
駅前のイオンには有松絞りをモチーフにしたモニュメントがあります。夜には光るらしい。

まだ17時で帰るには早いし、ついでに桶狭間にも行ってみようという事に。
知らないご婦人に「どこ行きに乗るの?」とか話しかけられたりしながらバスを待つ。


IMG_2269IMG_2270
桶狭間寺前で降りる。バスに乗り遅れたら生きて帰れなさそうな辺鄙な所です。
30分後に来る帰りのバスに乗れなかったら歩いて有松駅に戻る事になるので気を引き締めます。


IMG_2276IMG_2275
桶狭間の戦いで討ち取られた 今川義元 の首を検証したという長福寺です。
近くの川が人馬の血で真っ赤に染まったらしい。


IMG_2278IMG_2279
葉っぱで水面が見えない弁天池と、桶狭間発祥の地という祠。
南朝の落ち武者が隠れ住んだのだとか。
ふーんという感じで寺を出る。


IMG_2281IMG_2283
池の柵に等間隔でセミの抜け殻が。こういうちょっとした発見の積み重ねが、
かけがえのない2018年の夏の日の思い出として振り返られる時が来るんですよ。多分。

暑さも随分和らいできて歩きやすくなってきました。


IMG_2285IMG_2291
桶狭間古戦場公園に。まだバスが来るまで15分あるので余裕で間に合いそう。

今川義元が戦死した地には諸説あり、お隣の豊明にも 桶狭間古戦場伝説地 があります。
その諸説についても色々と書きたいけど、これ以上ブログ記事を長くしたくないので割愛します。


IMG_2288IMG_2289
公園内は小川が流れ、四角い石が不規則に並んだ庭園のようになっていますが、
この公園全体が桶狭間の合戦地をジオラマで再現しているようです。
しかもスマホのアプリを通して見ると AR で解説が見られるという凝りよう。


IMG_2292
「近世の曙」と書かれた織田信長と今川義元の像。2010年に建てられたようです。

この桶狭間のジャイアントキリングがなければ、信長だけでなく豊臣秀吉も徳川家康も
歴史の表舞台に出てこなかっただろうし、確かに近世という時代はここから始まったといえるか。


せっかく名古屋市やその周辺エリアには有名な史跡がたくさんあって、その気になれば
歴史上の人物と同じ場所に立てるのに、今まであまり行ってなかったのは勿体ない事だなと。

時間も迫ってきたので、公園に置いてあった桶狭間史跡マップを1枚貰ってバス停に向かいました。


IMG_2293IMG_2294
幕山のバス停に着くと、前には昭和時代から残る廃墟みたいな布団屋が。
もう20年くらい前から打ち捨てられたままの元・布団屋なんだろうと思っていたら
貼ってあったチラシが最新だったので現在も営業中のようです。

バスに揺られて鳴子北駅まで戻ります。


IMG_2298IMG_2299
鳴子北からは地下鉄で新瑞橋に。
1人では入る度胸のなかった串焼きの店に行ってみました。

とんやきや肝焼き、心臓などを頼みましたが、癖もなく美味しかったです。
土曜は昼からやっている店のようで、どて系やコブクロが既に品切れだったのが残念でした。

あれこれ話して、今度は25日(明日)に 円頓寺の七夕祭り に行こうと約束して解散。


猛暑の街歩きで倒れないか心配でしたが、予定していなかった桶狭間までも行けたし、
石窯パンや串焼きも美味しかったし、結構楽しい夏の思い出を作れた気がします。
また8月の 低空飛行第2@高畑 の時にでもどこかに行く予定を立てられれば。


IMG_1978
16日の低空飛行net定例会に参加された方々、お疲れ様でした。
来月の定例会は8月20日(月)にあります。今回来られなかった方はまた次回どうぞ。


猛暑日で38度ありましたが、初参加の方、1年ぶりに来てくれた方もいて色々と話ができました。
それぞれの近況や仕事の事、長期のひきこもり、健康についてなかなか重い話題も。
皆大変そうです。思うように動けない日々ですが、何か力になりたいという気持ちが湧いてくる。


医療・福祉への信頼があるかという話もしましたが、結局は人によるので属性で判断できない所が。
家族だから信頼できるとも限らず、信頼できる友人であっても病気の話はできないとかありますし。

時間も予算も活力も、虚空から無限に沸いてくるものではないのでどこかで採算を取っているはずで、
採算度外視でそれらを他人に注げますというような人がいたら逆に信頼できない。
(善意でそれができる人だとしても、その自己犠牲は持続可能といえるかという意味で信頼しづらい)
またそんな感じの話もできれば。


IMG_1996
 リカバリーカレッジ名古屋 の事など、イベントや他団体の活動情報も得られました。
すっかりこういったイベント等への参加が減って疎くなったので情報提供は助かります。

今週末に有松に行く予定も、新たに参加希望者がいたので暑くなりそうですが行ってきます。
熱中症の危険を感じたら駅前のイオンにでも避難したい。


告知した通り、今回は19時から実験的に夕食タイムも設けました。
開始前にコンビニでおにぎりを2つ買っていったのですが、徒歩圏内の店を事前にチェックして
カレーとナンのセット(500円)をテイクアウトしてきた人がいて、
それが美味しそうだったので自分も同じのにしておけばよかったと後悔しました。

今後も気軽に夕食を買いに抜けられる雰囲気を維持できればと思います。
そのうち開始前にでも、話題に出た もうやんカレー のランチビュッフェに行ってみたい。
(カレーにしておけばよかった心残りが強い)


IMG_1896
16日(月・祝)は15時から7月の定例会をやっています。
祝日ですので久しぶりな方もお気軽に覗いていただければ。


長く会っていない人とも「生きとったんかいワレ!」と旧交を温めたいので遠慮なくお越しください。
猛暑はまだしばらく続くようですので、こまめに水分を摂り熱中症に気をつけましょう。
生きねば。



先週くらいに利用者さんと一緒に作った動画です。
最近は 彩樹丸の内 で動画制作を教えたりしています。
(教えるというか、自分も動画制作ツールなんて初めて触ったのですが)
試作がてら写真を並べて、BGMを入れて、キャプションは利用者さんに書いてもらいました。
個人的にはあまりエフェクトなどは使わず、淡々と工事の進捗や季節の移り変わりを記録したい。


IMG_1938
あとは証明写真を撮ったり、役所で手続きしたりと期限が迫っている事は何とか済ませましたが、
色々と手につかないまま時間だけが過ぎてしまう日々です。
昨日読んだ記事にちょうどそういう状態が書かれていました。

 「休日何もできない」人は、うつの入口にいる 

外から見たら暇そうにしか見えなくても、何も手につかない焦りと常に責められているような心境。
そこから逃れようと、この人のいう「外こもり」みたいな事を自然とやっていたかもしれません。


IMG_1933IMG_1935
先日もバスの時間に間に合わず、暑い中待つのも嫌で「もうどこでもいいから来たバスに乗ろう」と
最初に来たバスに乗り込み、終点まで行ってみたらこんな辺鄙な所に。


2年ほど前から「内にストレス、外もストレス」という挟み撃ち状態で処理も追いつかなくなり、
とにかくまっすぐ帰らず、知っている人が誰もいない所を求めて彷徨い歩く事が増えました。
ストレスの9割が人間に起因しているのなら、関わりを減らす事が一番の薬なのでしょう。

握り締めて硬直した指を1本1本開いていって、全部手を放す。
縁があればまた手元に戻る事もあるはず。どうにもならん事はどうにもならん。
まずは生きねば。


↑このページのトップヘ