低空飛行net

名古屋駅西で活動するひきこもり・メンタル系自助グループ
低空飛行netのブログです

IMG_4764
1月も終わりです。インフルエンザが流行っているので体調にお気をつけください。
今週末2月3日(日)は14時から 低空飛行第2@高畑 があるので告知しておきます。


低空飛行第2は定例会よりも比較的少人数でゆるい雰囲気の集まりとなっています。
今まで定例会しか参加した事がないという方、休日しか参加できない方もお気軽にどうぞ。

低空飛行関連に参加・見学希望の方は こちら に目を通してから、初回のみ一度ご連絡ください。
半年ぶりでも、二年ぶりでも、以前に一度でも参加した事のある方は連絡不要です。
(別に「久しぶりに行きます」とか連絡してくれても全く構いません)


最近は何かをしたいという欲が全然湧いてこないので、他の方から元気をいただきたい。
同じように元気の無い方も愚痴でも吐きに来てみてください。
ぼーっとしているのもいい。6時間くらいぼんやり過ごしましょう。
早いですが、花見の計画も立てましょう。


RE_0002RE_0007
何か写真でも貼ってスペースを埋めようと思ったものの最近は散歩に行く事も少なく、
昨年11月に大高に行った時のものまで遡ってしまいました。


RE_0009RE_0012
大高には市内5つの酒造のうち、3つがあります。
 2月には蔵開きもある ようなので余裕があったら行ってみるのもいいかもしれない。
低空飛行第2で募ってみようか。


IMG_4751
21日の定例会に参加された方々、お疲れ様でした。
来月の定例会は2月18日(月)に開催します。今回来られなかった方はまた次回どうぞ。


今月はかなり久しぶりに来てくれた方もいて、近況を聞いたり、新年の抱負を語り合いました。
病院に入院経験のある人から体験を聞けたのも個人的に収穫でした。

家族について聞かれたのでとりとめもなく話したら、他の人も昔の思い出を話してくれたり、
病気を持った人と健常者の付き合いについてとか、悲観と楽観とか、濃い話が多かった気がします。
行き場のない感情を切り離して、折り合いをつけて、自分の人生を続けていく。難しい道です。


病気を持った人がマイナスをゼロにするために日常的に力を割かなければいけないという事、
「荒んだ生活に戻ってしまう力の強さ」を普通の人はあまりピンと来ないのではないか。
「積み重ねによって克服していける」というイメージだと見誤る事があるというような話も。
精神疾患は治ったとか回復したとは言わずに「寛解」という言葉を使うのも、
「あの子供の頃から慣れ親しんだ荒んだ生活」がその人のホーム画面になってしまっていたら、
またそこに戻ってしまう危険が消えてなくなる訳ではないという事なのだろうなと。


IMG_20190121_152958IMG_20190121_163042
差し入れでウイスキー入りのどら焼きをいただいたり、自家製ラムレーズンを食べたりしました。

ラムレーズンはオイルコーティングされていないレーズンを買ってきて
ラム酒に漬けておくだけで簡単にできるのでおすすめです。


また街歩きに行きたい、食事だけでもいい、カラオケはどうか?など色々と話題は出ましたが、
具体的に予定を立てるまでには至りませんでした。
2月3日(日)の低空飛行第2@高畑の時にでも引き続き話ができればと思います。

こんな所はどうかという案のある方、一緒に行ってみたいという方は是非ご参加ください。


IMG_4735
明後日21日(月)には1月の定例会があります。
15時~20時半まで、各自ご都合の良い時間に覗いてみてください。


最近はあまり前向きな感じではないので、何かしら刺激をいただけると嬉しい。
後ろ向きな話をだらだらするのもそれはそれで「みんなこんな感じなんだな」と刺激になります。


あと、2週間後に入院中の当事者に体験を語る機会があるので、何を話せばいいか知恵を借りたい。
大筋ではこんな感じで考えています↓

1. 自分も以前入院した事がある、こんな思い出がある
2. 現在はこんな生活をしている、依然として不安は多いが以前よりは安定している
3. 昔は自分が社会の中で生きていくなんて無理だと思っていた、今は医療機関や様々な施設、
    同じような経験をした仲間とネットワークができて、何とか孤立せずにやっている
4. 「一人で何でもできるようにならなければ」→「自分には無理だ」と打ちのめされがちだったが、
    「必要な時には他者や制度の力を借りる、頼る」事が大切ではないかと考えるようになった


以前、ブログでも少し書いた 入院していた時に同室だった人の話 もしようかなと考えています。
死を選んでしまった人の話をしても大丈夫だろうかとカウンセラーにも相談してみたのですが、
入院中の重要な思い出だし、ぼかして話せば良いのではと意見を貰ったので。
それこそ自分にしかできない話ですし。


RE_0002
外出も減って、帰りに撮った改装中でライトの消えたテレビ塔の写真くらいしかない。
またそのうち街歩きでも行きましょう。


昨年末に気まぐれで作ったアンケートは数人の方が回答してくれました。
(1回記事に載せただけなのにありがとうございます)
特に締め切りもありませんので、時間のある方は今からでも書いてみてください。

      低空飛行netアンケート 

悩みの種類で1番多かったのは「病気・自分の特性」と「仕事・就労の悩み」が同数。
(複数回答可にしたので、20人くらいの回答があったのかな?というくらいの回答数でした)

相談できる人はやはり「医療関係者・カウンセラー」で、次が「いるけど相談はしない」。
納得感のある傾向ですね。
また溜まったら他の回答の傾向なども簡単にお伝えするかもしれません。
(全体の傾向以外の個別の回答を公開する事はありませんのでご安心ください)


↑このページのトップヘ