低空飛行net

名古屋駅西と高畑で活動するひきこもり・メンタル系自助グループ
低空飛行netのブログです

IMG_4713
1月6日の 低空飛行第2@高畑 に参加された方々、お疲れ様でした。
来月は2月3日(日)に予定しています。今回来られなかった方も、また次回ご参加ください。


今月は初参加の方が2人来てくれたのですが、主催者が熱を出して朦朧としていたため
あまり上手くお構いできなかったかもしれません。

 Queen とか 米津玄師 とか スペースコブラ とか音楽をかけながら、甘酒を作って飲みました。
1袋残っているのでまた定例会に持って行きます。(5人分くらいしかないですが)


何を話したのかもあまり覚えていないのですが、正月は何をしていたかとか、
コミュニケーションで否定から入るのはよくないとか、年金とか、病院とか、
平成の終わりとか、そんな話題があった気がします。


RE_0004
2月に名古屋市のピアサポーター活用事業の一環で体験談発表会?というのがあって
それにも出る事になりそうなので簡単に説明もしました。
対象は病院や保健センターの職員等で、一般の当事者が行ける感じのイベントではなさそうです。

依頼してきた基幹相談支援センターさんからも喜ばれ、事業所にも顔が立ち、
低空飛行でも「こんなの行ってきたよ」と話題にできる、一石三鳥なので行ってこようかと。


来月2つある体験談発表で話す内容を考えたり、事前の調査票やら事後の報告書やら
書かなければいけないものも増えていくので、あまり引き受けすぎてもいけないですが。
熱が出て数日寝ているだけで何も進まないまま時間が経ってしまうし……。

体験談発表会などについては、また定例会の時にもお話します。


IMG_4705
新年明けました。めでたくもあり、めでたくもなし。
明日1月6日(日)は14時~20時まで 低空飛行第2@高畑 を開いていますので、お気軽にどうぞ。


今年も新年最初の会では甘酒(アルコール無し)を作ろうと思います。
もうちょっと早くブログで告知する予定が、体調を崩して寝ていました。


RE_0001
1月2日には初詣に行ってきました。
待ち合わせ場所で気分が悪くなり1人帰られるなどありましたが、7人であちこち歩きました。
 松坂屋美術館 は手帳を持っていない人があぶれてしまうので断念。
個人的に欲しかった 眼鏡の福袋 を買うのに付き合ってもらったり。


RE_0002RE_0003
ここ数年は毎年行っている若宮八幡社に。
名古屋総鎮守です。
昨年はここでおみくじを引きましたが、今年はもう一つ梯子していきます。


RE_0005RE_0006
若宮大通を西に歩いていくと堀川沿いにある洲崎神社。
並んだりするほど混んでいない、雰囲気の良い神社です。


おみくじを引いてみたら小吉でした。今までの悪い運も開けると書いてあったので良かった。
他の人は大吉と凶で明暗分かれていた。


RE_0007RE_0009
寒いので火にあたりました。
小さい鳥居を腹ばいになってくぐると良縁に恵まれるようなので、皆でくぐった。


RE_0011RE_0017
大須観音に着きました。
予想通りにものすごい行列なので商店街で時間を潰す事に。


RE_0012RE_0013
大須観音の真ん前にある モノコト に入りました。
カフェは現在やっておらず、サブカル雑貨屋のようでした。


RE_0014RE_0016
一人では入りづらいカオスな空間です。
15分ほど冷やかして出る。


RE_0018RE_0019
休憩できる店を探すものの、正月なので閉まっていたり、17時までの営業だったりで見つからず。
商店街をあちこち彷徨います。


RE_0021RE_0020
結局、席が空いていた 天ぷらスガキヤ に入りました。
昨年のオープン時から興味はあったものの、注文システムがよくわからなくて入れなかった店です。


1.入り口にあるタッチパネルで注文、伝票が出てくるがこの伝票は店員に渡さないで席で待つ。
2.番号を呼ばれたら、お盆に載った天ぷらと空のどんぶりなどを受け取る、まだ支払いはしない。
3.ご飯と味噌汁はセルフで入れる。ドリンクバーみたいなボタンを押すとご飯がボトッと出てくる。
4.全部揃ったらやっと支払い。

天ぷらは揚げたてサクサクで、値段もお安いのでまたそのうち行ってみたい。


RE_0022
17時半くらいになると、やっと行列も減って参拝できるようになりました。
お守りが欲しかった人がいましたが、参拝後には売り場が撤収してしまっていたので
そこだけ早めに行っておいて、参拝は人が少なくなってからというのが良さそうです。

今年は良い年にしたい。


IMG_20181217_150109
2018年も終わります。余裕なくも続けてこられたのは参加してくれた皆様のおかげでした。
2019年も引き続き、よろしくお願いします。


IMG_7580
今年は年始から帯状疱疹に罹ったり、身近でいじめ問題があったりで波乱の幕開けでした。
気を紛らわすように伊奴神社など街歩きにも行きました。(このカレー屋は5月で閉店していた)


IMG_0067
5月には父親が永眠。亡くなる5日前に津島神社に御守りを受けに行って、
ぎりぎり生きているうちに間に合ったといえるか。


IMG_0080IMG_0082
ちょうど藤まつりの時期でした。
津島は「藤浪の里」といわれたほどの藤の名所らしい。


その前週4月25日の朝、仕事に行こうと家を出ると目の前にケアタクシーが停まっていて、
後部座席に父親が横たわっているようでした。

自分が帯状疱疹で苦しんでいた1月から、自力で食事を摂れなくなっていた父親は
ずっと入院中で点滴を外せなかったため、もう家に帰ってくる事はできないと思っていました。

入院中の病院から別の病院に移るとは聞いていたものの、自宅に立ち寄るとは知らず驚きましたが、
バスの時間に遅れる訳にはいかないのでその場を後にして仕事に。
その車外から見えた影が、最後に見た生前の父親の姿でした。


IMG_0096IMG_0112
津島神社の東にある楼門は1591年に豊臣秀吉が寄進したものです。(重要文化財)

神社正面にある南門は1598年に豊臣秀頼が父秀吉の病気平癒を祈願して寄進したもので、
神社本殿(重要文化財)は徳川家康の四男で、病に倒れなければ尾張藩主になるはずだった
松平忠吉 の病気平癒を祈願して、その妻政子が寄進したのだそうです。

誰かの回復を願って建てられたものが、同じく回復を祈る人々によって何百年も維持されている。


IMG_0139IMG_0140
隠れ狸という隠れ観光スポット。隣の木造家屋が倒壊寸前まで歪んでいて心配になります。


父親を残してバスに乗った後、どうして起き上がる事もできないのに帰ってきたのかを考える。
最期に自分の家を、父が買った我が家を一目見せるために、病院から病院に移す途中で
わざわざ立ち寄ったのだと思い至って、本当に仕事に行ってよかったのか後悔が湧き上がってくる。

どうせこれまで数え切れないくらい乗り逃してきた人生なのに、
1回くらいバスを乗り逃す事が何だというのだろう。

自分の中の、ある種の覚悟のもとに「行動をしない」「後悔もしない」という選択をしてきた。
強固に塗り固めてきた正当化の積み重ねがあり、それで最後までやり過ごせるはずだった。


IMG_0154IMG_0156
津島ではたまたま壊している途中の学校も見られてよかった。


この後も長文を書いていたけど、あまり内面的に沈降していくと「地獄の釜の蓋」みたいなものを
開いてしまうので、中途半端だけどやめておきます。カウンセラーも考えない方がいいと言っていた。

津島はまた 尾張津島天王祭 の頃にでも行ってみたい。


DSC_1885DSC_1904
夏には有松・桶狭間にも行きました。
今年の夏はものすごく暑かった分、記憶にも焼き付いたような気がします。

8月の定例会前にカレーを食べて、2~3日腹を壊した記憶も忘れられない。


IMG_0975IMG_3499
丸栄、ボストン美術館、サークルKなど、平成とともに無くなってしまうものも見に行きました。
変わらないものなんて一つもないですね。つらい。


IMG_4312SIMG_20181104_143133
ピアサポーター養成講座に行ったり、蕎麦がきやホットケーキを作ったりも。
自助グループの活動も何とかやってはいますが、新しい事に手を出すほど活力がない。
それでも参加してくれる方々の協力があったから継続できました。本当に助けられています。


1年を順番に振り返っていこうと思っていたのに、途中で脱線してそのまま力尽きてしまった。
そんな感じの1年でした。つらい。


↑このページのトップヘ