低空飛行net

名古屋駅西と高畑で活動するひきこもり・メンタル系自助グループ
低空飛行netのブログです

IMG_1667
1日の 低空飛行第2@高畑 に参加された方々、お疲れ様でした。
来月は8月5日(日)に普通の低空飛行第2を行います。今回来られなかった方はまた次回どうぞ。


今月はだらだらそうめん会2018を開催しました。
初参加の方も来てくれて、6時間くらいひたすら麺類を食べていた気がします。
めんつゆ以外にも台湾まぜそばの素、カルボナーラ、バンバンジー、ミートソースなどをかけて
色々な味を楽しめました。(台湾まぜそば+きざみネギ+にんにくが一番人気だった)


IMG_1664
街歩きの予定も立てました。
21日(土)有松の古い街並み を歩いてこようかなと。
地下鉄とバスを乗り継いでいく予定なので、手帳がない人も ドニチエコきっぷ で行けます。

特にイベントというほどではないので事前のブログ告知はしないつもりですが、
もし行ってみたいという人がいましたら16日(月)の定例会の時にでも詳細を聞いてください。


IMG_1666IMG_1670
差し入れてもらった 烈火わさび というおかきが催涙ガス並みの辛さでした。(辛いけど美味しい)
もう一つのゴーヤーマヨ風の柿の種はゴムみたいな味でした。(苦いだけで特に美味しくはない)

あと、ハムエッグを作ってもらったのでそれもいただきました。
錦糸玉子の副産物です。キッチンに油がなかったので焦げないよう焼くのに苦労したようです。


IMG_1671IMG_1672
そうめん1kgでは足りなかったので、後半は 前回使わなかった 蕎麦も茹でました。

不人気だったカルボナーラだけ余りそうだったので〆は「ネギにんにくカルボナーラ蕎麦」に。
この組み合わせはどうだろうと不安もありましたが、
カルボナーラの濃い味が他の全てを制圧してしまうので普通に食べられました。
たぶん蕎麦に限らず、ラーメンだろうがフォーだろうが糸こんにゃくだろうが、
カルボナーラにぶち込んでしまえばカルボナーラとして食べられるような気がする。


今回は後片付けに30分以上かかったため、帰りのバスを逃してしまいました。
片付けを手伝ってくれた方々、途中でゴミを持ち帰ってくれた方々もありがとうございます。

終わってから気付きましたが、低空飛行第2@高畑は昨年の7月に開始したので今回1周年でした。
来てくれる方々のおかげで何とか続いております。ありがたい事です。
今後も「非積極的」「没干渉」を軸に、のらりくらりと低空飛行で続けていければと思います。
また秋くらいに何か作りたいですね。(大変なので毎月はやりたくない)


IMG_8568
明日7月1日(日)は14時から 低空飛行第2@高畑 でだらだらそうめん会をやっています。
時間のある方は気軽に覗いてみてください。


IMG_8546IMG_8548
もう4ヶ月近く前になりますが、北区の味鋺神社(あじまじんじゃ)に行きました。
2月に 今池の高牟神社に行った際 に尾張物部氏について調べていて知った神社で、
栄方面から北に30分くらいバスに乗ると辿り着きます。

神社には戦前までやっていたという流鏑馬神事の像がありました。


IMG_8549IMG_8551
神社の南に架かっていたのを移築したという清正橋というのもありました。

味鋺(あじま)とか味美(あじよし)という変な難読地名は、この神社に祀られる物部氏の祖、
宇麻志麻治命(ウマシマジ)と息子の味饒田命(マジニギタ)からとられているようです。
息子の名前は字的に近いけど、どう転じて味鋺になったのかよくわからない。
マジというのは呪い(マジナイ)のマジらしいとかどうでもいい事まで調べてしまった。


IMG_8552IMG_8553
隣にあった護国院。
非常に立派な山門だったので期待したけど、中の本堂などはコンクリートなのが残念でした。


IMG_8556
この辺りは百塚といわれるほど古墳が多くあったそうですが、現在は1つも残っていません。
川を越えたすぐ北側の春日井市には味美古墳群が残っていてハニワの館があります。
その古墳の上にも物部氏の神社があったようですが、もう日が暮れそうなので春日井までは行けず。


IMG_8558
庄内川に架かる水分橋という橋を渡る。この地点から堀川に水を分けているので水分橋らしい。
味鋺は北区ですが、庄内川の南側は守山区になります。
橋から見えるのは何の塔だろう?と疑問でしたが、調べてみたら アストロタワー というようです。


IMG_8559IMG_8561
橋を渡った所に 庄内用水元杁樋門 が。ここが名古屋の中心部を流れる堀川の起点となります。
この時点では庄内用水というしょぼい用水路です。


IMG_8562IMG_8566
庄内用水に沿って南に歩く。
この辺りにはかつて名鉄大曽根線(現・名鉄小牧線)の瀬古駅があったようで、
道路の脇に跨道橋の跡だけが残っていました。こういう痕跡を見つけて後で調べるのも楽しい。


IMG_8567
矢田川に架かる三階橋を越えるとまた北区です。
庄内用水はこの矢田川の地下を潜り抜けて南に流れていきます。
地下を通る庄内用水が一階、矢田川が二階、その上を通る橋なので三階橋という事らしい。


IMG_8570IMG_8571
矢田川の地下を通ってきた庄内用水はこの 黒川樋門 から地上に出て、ここからは黒川と呼ばれます。
黒川の名前は黒い川というような意味ではなく、工事した人が黒川という苗字だったからだとか。


この用水路が 名古屋城の横を流れる堀川 になり、 円頓寺商店街に行った時に渡った五条橋
 白鳥公園の太夫堀 、熱田神宮南の 七里の渡し名古屋港ポートビルからの景色 まで続いている。
そういう視点で考えてみると、ただの用水路を辿って歩く事にも面白さを見つけられます。


IMG_8572IMG_8575
黒川に沿って御用水跡街園があります。
江戸時代まで流れていた用水(御用水)の横に明治になってから新たに掘られたのが黒川で、
役割を終えた御用水が埋め立てられて街園になりました。

水道管の上に鷺らしき鳥がとまっていたので写真を撮る。自転車の人も立ち止まって撮っていた。


IMG_8577IMG_8578
羊神社に着く頃には真っ暗になっていました。
ここも歴史の古い 式内社 で、同じ式内社で戌年に人気の伊奴神社のように未年には賑わうらしい。

伊奴神社は天武天皇に米を納めた事から付いた稲生(いのう)という地名から付いたようで
犬に関連するというのは後付けっぽいですが、羊神社も 辻町 (火辻町)という地名に関連している。
日本に羊はいなかったので、動物の羊ではなく 羊太夫 という人名が由来らしい。


こんな感じで地名の由来などを辿るのは面白いのですが、色々な説を調べていると
記事を書くのに時間がかかってしまうのが難点です。


IMG_1445
中川区の某所駐車場には この前見に行った 丸栄のエレベーター扉が飾られています。
以前の増築時に撤去された物が一般販売されたのだとか。今ある物も人手に渡るのだろうか。


いつの間にか1週間前なので、今週末にある 低空飛行第2@高畑 の告知をしておきます。
低空飛行関連に一度でも参加した事のある方は連絡不要ですので、気軽にお越しください。


内容低空飛行第2・だらだらそうめん会

日時7月1日(日) 14:00 - 20:00

場所:名古屋市中川区高畑3-40ブラザービル201
   (いつもの低空飛行第2と同じく 彩樹高畑 です)

参加費:300円

その他:誰でも参加可、飲食物の持ち込み自由(アルコールは不可)

連絡先lowflightnet@gmail.com


今回はそうめん(や蕎麦など)を食べる会となります。
めんつゆ以外にもパスタソース、台湾まぜそばの素、スライスにんにくなど買っておきました。
他にも何か「これで食べるのもおすすめ」というものがあればどしどしお持ち寄りください。
カレーなども面白いと思います。(特に何も持ってこなくても大丈夫です)
よろしくお願いします。


IMG_8719IMG_8720
写真は3月に行った 闇之森八幡社 。名前のかっこよさと名古屋十名所なのでどんな感じかなと。

他にも3月、4月に色々と行ったので記事にしておこうと思ってはいるのですが手につかず……。
毎週ストレスが多く不眠がちで疲れていて、タブレットに移すデータ整理も進んでいません。
何とか部屋の掃除だけしました。他にやる事がある時ほど掃除が捗る。


IMG_8730IMG_1080
闇之森八幡社の近くにある稲荷神社と荒子観音の常夜燈。
「キヨス本町 柴山藤蔵」という寄進者の名前が刻まれています。

この人は「清洲城信長 鬼ころし」の日本酒で有名な 清洲桜醸造 を興した人物で
尾張を中心に各地に寄進しまくっていた、現代で言うところの有名 廃課金 者みたいな人か。


IMG_8324
最初は佐屋街道を歩いていた時に見つけた石碑のようなものから、かろうじて読み取れた
「キヨス」という片仮名が気になり、帰ってから調べて柴山藤蔵さんの事を知りました。
それ以降は常夜燈や狛犬の台座などの裏まで回りこんで寄進者にも注目するように。

ネットには 50箇所以上見つけている マニアックな人もいます。
行った事があるのに見落としていた所があって悔しい。

丸栄のエレベーター扉といい、こうして見ると結構「街歩きらしい」事をやっている気がする。


↑このページのトップヘ